エーデルワイスブログ

« 今年も初桃が夕食の食卓に登場しました。 | 認知症:環境の変化から周辺症状が »
2018年07月18日 06:13:25
在宅で暮らす人々が希望する看取り

今、

在宅で暮らす高齢者の多くは延命を好まず

できれば在宅で最期を遂げたいと希望する方々が多くなっております。

しかし、

看取り時に

往診に来ていただける

お医者様の数は極少数の現実です

IMG_5654.jpg1.jpg

住宅を主とするサービス付き高齢者住宅・住宅型であっても、

住めば都となり、

住み慣れた場所で

なじみの人等に励まされ、

声をかけていただき、

残り少ない残されたお身内は、

姉妹といっても互いに高齢となり

123.jpg

やっと、足を運んでいただいた場面で、

姉妹の仲むつまじくできる時間をご支援させていただくと、

お身内の緊張した面持ちから

『いやー、随分話したの。

来て良かった』という安らぎの声と笑顔をいただけます。

・・・・

IMG_7503.jpg1.jpg

世の中全体が高齢となり、

それは、年々その場に従事する人等に

急げ!学べ!と訴えてくるように、

駈け足でやってきます。

自分等の意識も変え、

一人ひとりの現場の人等の少しの支援が

今、旅立とうとするその人の心の静けさを導けるのだ・・と学びに入ります。

IMG_8162.JPG

IMG_7501.jpg1.jpg

在宅での看取りは、

往診医師、

訪問看護、

訪問介護の、

互いの数が満たされ実行に入れることが言えるでしょう。

IMG_9127.JPG

身近な周りの人等の子供さんも

医者を目指しており、

在宅で看取ることの意義はもちろん取得していると思いますが、

大きな病院ばかりではなく

開業医の在宅医師での現場の学びを得ると

一人勤務の大変さばかりではなく

地域ならではの喜びも共に得ることができるように思います。

IMG_7501.jpg2.jpg

IMG_7503.JPG

今、サービス付き高齢者住宅・住宅型は、

地域の人等の応援団として

いかようにも利用ができる支援が地域に必要と思う場面が多くなりました。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.