エーデルワイスブログ

« 現実と夢 | お話しを聴かせていただく »
2019年08月10日 06:19:27
運営推進会議総数24名様の出席でした。

地域密着型サービスにおける 運営推進会議開催

8月9日、

北見市留辺蘂町、西地区住民センター会議室をお借りし、

運営推進会議を行いました。

IMG_3049.JPG

参加者は総数24名となり、

介護するご家族、

担当するケアマネさん

自治区の保健師さん、

地域の町内会長様

役員様、

地域包括支援センターの所長の皆様等の参加をいただき

全員が語る場となりました。

全員の自己紹介から始まり、

デイサービスからのパワーポイントを用いた写真入りの報告に

家族の方等は、

家では見られない笑顔に驚かれたり

あれほど、混乱していたのに・・・と家族様から安堵の声が聞こえたりと、

喜びの声と共に

日頃、悩みながら支援を届けているケアマネさんからの質問と、

その後は、

日本認知症本人ワーキンググループの『希望宣言』を呼んでいただき、

いつもは、支援をする側に立つケマネさん含む全員に

自分が認知症になったらという、立場を変えたテーマのいくつかから

なかなか、向き合うことのできない質問に

「いやー自分自身に置き換えてみるのは、考えさせられました。真剣に書きました」
と。

IMG_1952.JPG

認知症という言葉は耳に慣れ親しむようになっていても

自分の事としてとらえるには距離があることが理解でき、

現場評価と新たな認知症と向き合う時間を

認知症対応型デイサービス運営推進会議から発信させていただきました。

町内会さんからも『自分たちは何ができるのだろう』とありがたいお言葉も頂戴し、

丁寧に現場と話し合っていきたいと思います。

デイサービスは、広くなりピアノも2階にあります。

吹き抜けになっていますのでピアノの夕べも良いかな‥と思いました。

いただきましたアンケートは集計後、

ワーキンググループに所属していますボランティア団体

『高齢者・こども110番の家』から、

発信させていただきたいと思います。

◆◆◆◆◆

お知らせ

第13回ゆずり葉セミナー

住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けるために

9月16日(月祝)

横浜市開港記念会館(横浜市中央区本町1の6)

受講料  4,000円

定員   400名

★★★

〇認知症の正しい理解と支える家族の思い

長谷川宏先生(長谷川診療所)

〇熱症『手紙』歌&トーク

樋口了一さん 『シンガーソングライター』

〇認知症と共に希望をもって生きる

本人と共につくる希望と地域

永田久美子先生(認知症介護・研究研修センター研究部長)

〇認知症の本人さん等が思いを語る

★★★

同時開催

認知症カフェセミナー

10時〜12時

〇認知症カフェからみるこれからの地域づくり

矢吹 知之 先生「認知症介護・研究研修センター研究部長」

〇各地の認知症カフェの取り組み

主催 株式会社 ゆずり葉の会

後援 横浜市

どのような立場でも開催はできるのですね。

勉強になりました。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.