エーデルワイスブログ

2019年01月08日 06:45:55
明るく元気に超高齢社会を乗りきろう!

シンフォニーでは、明るく一見、元気な高齢者がおり、

入居当時『100歳まで頑張ろう』と伝えると、

いやーそこまで生きれるかどうか?と

悩んでいたが、

昨年春頃から、

『施設長さん、100歳までと言ってくれたけど、

数えてみたらあと少ししかないわ!」と真顔で話してくださる。

*

1.jpg

2CIMG9018.jpg

『あっ!そうか!100歳と言っていたけれど

限りがあることに苦痛を感じたのだ・・』と察し、

『 いえいえ、今は長生きする方は120歳まで生きれるようですよ。

○○さんも、あと10年延ばし105歳と考えましょうか』と

お伝えさせていただくと、

笑顔になり『イヤー自分だけならよいけれどね。

子供等も一緒に年取るからねー』と、

日常の暮らしの中でいろいろ長寿の悩みをもちつつも、

いつまでも、ここに居たいとおっしゃる○○さんとのご縁に

心の中で手を合わさせていただく。

CIMG8997.JPG

1CIMG9018.jpg

**

母も高齢で95歳を今年迎えるが父が亡くなったときに側に居た猫のシロが

これも長寿で14年は生きている。

その猫が、何とも面倒見の良い猫で

地域の『猫のきたほっと』風を装い、

ご近所の捨て猫集団を自宅に招きいれ

無料で自分の餌を与えるという、

猫の世界の救世主のような存在だ。

IMG_8576.JPG

自分が行くと牙しか残っていない口元を大きく開け

「シャワー!!」と威嚇をする。

自分も負けないで「シャワー!!」とするが、

猫の威嚇には程遠いお笑い風となる。

シロは、素早く姿を隠し来客が姿を消した頃、

再びどこからかやってくるらしい。

この猫とも母は互いに支え合い、

病気の長男夫婦を支え、また支え合っているのが母親である。

猫も大事な社会資源となっているのだ。

DSCN0210.JPG

母親の『10年前には自分は命は尽きる』との予測は見事にはずれ、

『長生きしすぎた』が口癖になり、

姉妹たちから『母さんがしっかりしてね』との言葉に、

少々逆切れ状態であるが、

『わからん!わからん!』との数年前の隠居の身から比べると

姉妹の掛け合いことばが届いたのか、随分としっかりしてきている。

IMG_8578.jpg1.jpg

IMG_8578.JPG

介護保険も申請し調査時には、

『いやーこの年でこんなに元気な人はみたことがない』との言葉に

優越感に浸り、

姉妹の気持ちとは裏腹ではあるが

ありがたいことだ。

ここで傾聴を駆使し、

母親のことばに「そうだよねー」と深くうなずき受容。

CIMG9005.JPG

それじゃ、こんな場面になるとどんな風に母さんは思うの・・?と

心のうちを聴かせていただくことに。

学びのありがたさを痛感する場面となり、

そろそろ、古猫にも通用する傾聴を考えよう。^^


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.