エーデルワイスブログ

2019年06月19日 06:51:20
避難確保計画

避難確保計画

模擬訓練の実施の通知文が、

振興局や北見市より届いていた矢先の

山形の地震です。

CIMG0292.JPGDSCN2750.JPG

DSCN1929.JPG18.jpeg

数十年前は、これほど緊迫感は少なったように思いますが、

年々、

他人事ではなくなっております。

また、避難場所と同時に送迎中の地震対策や

日別による送迎中の避難先の検討や、

ご利用者の自宅付近の環境考慮が必要で

ご利用者一覧にしておくと安心か!と

昨夜の地震から

更に教えていただいた思いです。


パーマリンク

2019年06月18日 06:44:31
集中しご自身を鍛える
IMG_9208.JPG

『あたま、つかうなー』と

作業に集中され、

その後は談笑です。

IMG_1107.JPGIMG_9209.JPG

DSCN2737.JPGIMG_1109.JPG

90代の集中力です。


パーマリンク

2019年06月17日 09:59:47
父の日
DSCN1912.JPG
*

今年も

父の日を迎えることができました。

CIMG0277.JPG*CIMG0279.JPG

CIMG0281.JPG*CIMG0286.JPG

***

心ばかりの

グループホームからの手づくりプレゼントとなりました。

とても喜んでおりました。

報告者 介護福祉士 瀬口


パーマリンク

2019年06月15日 09:02:05
思考を変える

思考を変える。

自分等が気づかないうちに

世の中の流れがどんどん変わってきています。

・・・

今の世の中の状況から、

何を考え、

何を優先していくのか、

冷静に頭の切り替えが必要となってきました。

IMG_9190.JPG

(食事はシンフォニー)

また、

介護現場にとっても、

一番知りたい部分で、

何を優先するのか、

今、何が緊急で必要なのか、

IMG_9196.JPG

先日は、一つの事業所において、

管理者全員が参加する学びの場として活用させていただきました。

介護の現場は、どんどん必要とするものが増しています。

頭の切り替え一つで

外部研修も内部研修も評価方法も全て一度に取得することができました。

IMG_9191.JPG

まだまだ、

まだまだ、

学びが必要ですが、

研修ばかり行うわけにはいかないのが現状です。

今後も柔軟に学びの場の獲得に入りたいと考えます。

関係者の皆様に心から感謝です。


パーマリンク

2019年06月14日 16:01:34
日本認知症ワーキンググループ

本日の北海道新聞朝刊より

認知症 配慮支援を義務化

2021年をめどに実施する・・と。

私たち認知症の本人から伝えたいこと(日本 認知症本人ワーキンググループ

2019 年 6 月 7 日

1. 大綱で重要と考える点

●大綱で「認知症になっても希望をもって日常生活を過ごせる社会を目指すこと」と
明記され た点が、認知症の本人にとって、

これからの社会にとって、非常に重要だ
と考えます。

●この目指すことの姿を常に見失わず、

今認知症とともに暮らす本人、そしてこれか
らなるか もしれないすべての人が

「希望を持って暮らせる」ための大綱として、

そ の実現にむけて、

すべての施策の展開を進めていただきたいと考えます。

共生社会の具現化を

●「目指す姿」の実現のためには

当事者が体感できる共生社会を築くことが

主軸と考 えます。

2. 本人からの発信支援

●共生社会を築くために、今回新たに

「本人からの発信支援」が 1 番目の柱の中に
据えられた ことは大きな一歩と考えます。

●認知症とともに暮らしている中で、不安や悩みはつきませんが、

笑顔で希望をもっ て、自分 らしく暮らせるたくさんの可能性が

見えてきました。 しかし、その可能性 は、まだ広く知られてはおらず、

現実には、希望を持てずに無念な暮らし を送って
いる人が全国でたくさんいます。

チャンスがあれば、もっと笑顔で、

もっと自分ら しく暮らせるはずの人がたくさんいるので す。

一人ひとりが希望をもって暮らすこ とができれば、

本人、そして家族も地域社会全体も、

希望がもて明るい未来になっ ていくはずです。

●「本人の声を起点にして

共に考え、共に暮らしやすい社会を創っていく」ことが、
誰もが希 望を持って生きていく暮らしやすい社会を築く一番の近道です。

現実的に 本人にとって必要なことを、

一つ一つ積み上げていくことが、

笑顔で元気に暮らす人 を増やし、

無駄・無理のない施策展開につながると考えます。

3. 希望宣言等

●それを具体的に進めるために、

大綱の中で、私たちが提起してきた

「認知症ととも に生きる 希望宣言」を活かし

「希望宣言大使」を創設することが

目標に掲げられて
おり、また、「本人 ガイド」、「本人ミーティング」の普及が

明記されたことが重 要と考えます。

●全国の自治体が実行していくための後押しに、

国として力を入れてほしいと思いま す。

4. 私たち本人抜きに、何事も進めないでほしい

●私たち本人も「認知症の本人だからこそできること」に

力を尽くしていきたい。

今 後、国そ して各自治体の事業等の

企画・実施・評価に、本人が参画し、共に話合い ながら

進めていく ことを徹底してほしいと考えます。

誰のための何のための大綱かを見失うことなく

「誰もが希望を持って生きられる暮 らしやす い社会」を

つくるための施策や事業を、

私たち本人も一緒につくっていき たいと思います。


パーマリンク

2019年06月13日 05:50:44
今を生きる!
IMG_0986.JPG
今を生きる
IMG_1041.JPG
IMG_0989.JPG

限りある今を一生懸命生きています。

少ないことばのなかには、

あのことも

このことも

いっぱい

届けたい言葉がつまっています。


パーマリンク

2019年06月12日 06:11:23
通いなれた場所

尋常高等小学校の教科書を手に取り、

『私、オルガン弾いていたの』と記憶もしっかり回想から話されていた。

*

DSCN1542.JPGDSCN1545.JPG

IMG_9183.JPGDSCN1871.JPG

CIMG0223.JPGDSCN1872.JPG

IMG_2438.JPGCIMG0225.JPG

DSCN1540.JPGIMG_91812.JPG

誰でも限りある命の1ページを大事に、

お好きなものを召し上がり、

通いなれた仲間と

会話し、

笑い、

また、寝慣れた自宅のベットでぐっすり休み

娘さん等の声を聞きながら、

いつもの一日を過ごしていただきたい。


パーマリンク

2019年06月11日 06:44:20
心を運ぶハガキ

各事業所では、

疎遠になっている人々や

お便りで感謝を伝えることなど、

ハガキ作戦が活発になっております。

DSCN1861.JPG*IMG_1006.JPG

DSCN1869.JPG*DSCN1538.JPG

自分も10年近く疎遠となっていた方からお便りをいただきましたが、

頭の中でグルグル記憶を呼びこみ

お会いしていた環境設定と

肌で感じる暑さ、

寒さ、

声のトーンや周りの賑やかな光景が浮かんできますから

不思議ですね。

*

DSCN2655.JPG*DSCN2653.JPG

CIMG0217.JPG*IMG_9177.JPG

(握力強化中)

*

利用者様は、直接言葉では難しい感謝の言葉を

ハガキを通してお伝えしており、心を運ぶ絵手紙となりました。

IMG_1004.JPG

CIMG0221.JPG

皆さんの素晴らしいハガキの出来具合に驚いたのはスタッフで、

新しい脳活性の導入は、新しい何かを教えていただけます。


パーマリンク

2019年06月10日 05:54:09
全身運動ボーリング

湿度に注意!

気温の変化が激しく湿度も上がり気味です。

とくに室内では、入浴等が重なると一気に

湿度が上がり70%以上になる危険があります。

CIMG0165.JPG

湿度が高くなりすぎると

体の不調(倦怠感)を訴え食欲不振となったり

『脱水に注意を』と、水分をとっても水を処理する能力が低下します。

なかなか温度はみても湿度までには気にならない部分が多いですが、

食中毒や

カビの発生も伴います。

DSCN1859.JPG

湿度が高すぎるときは、

扇風機で空気を動かすことや

エアコンの除湿機能で簡単に除湿ができます。

エアコンの掃除も大事ですね。

お部屋には、温度計と湿度計のセットが必要です。

CIMG0197.JPG

本日は ボーリングゲームを行いました。

ボールを力強く投げる方もいれば、ゆるやかに

投げる方もおられ

最高齢の方もとても力強く投げておられました。

皆様表情も良く、とても楽しまれた様子でした。

CIMG0176.JPG

CIMG0175.JPG

写真は、あえてぼかしております。

CIMG0172.JPG

*朝の体操の時間

2番地では、

上下肢ストレッチ、ことわざクイズ、笑いの体操

歌(炭坑節・あこがれのハワイ航路他)

朗読に集中・ゆっくりゆっくり深呼吸

午後から1・2階合同お楽しみボーリング。

介護福祉士  瀬口


パーマリンク

2019年06月09日 06:01:10
壮大なドラマになる人々

松浦武四郎物語

松浦武四郎物語を拝見させていただいた。

蝦夷地から北海道と名付けた人、

また、先人のアイヌの人々、

焦点の当て方ひとつで見方が変わり、

北海道に住む者であっても『北海道と名付けた人』と、までしか

知らなかったが、

ドラマを通して地元に住む者自身が大変興味深く

ドラマが短く感じる時間となったが、

今、目の前の高齢者の皆さん等にスポットを当てると

壮大なドラマになるだろう・・と思える人々が大勢いらっしゃる。

*

IMG_0994.JPG*6.8.JPG

*

CIMG0147.JPG*DSCN2644.JPG

*

CIMG0160.JPG*CIMG0158.JPG

*

100歳を数年過ぎても

手先はしっかり覚え

いまだに雑巾を縫ってくださっている方も存在する。

ぜひとも、体調をみながら子供の頃の話をゆっくりと聞かせていただこう。

新鮮でドラマのように吸い付く時間となるだろう。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.