エーデルワイスブログ

2019年08月08日 06:49:15
松下村塾の学びを介護現場へ

今日は、気温も安定し朝から活動しやすくとてもしのぎやすい。

IMG_1922.JPG

*

昨日から幹部の面談を行っている。

直接話し合うことで、

現場の動きが良く理解できる。

課題と思われる報告には、

個々の様々な感情が入り混じり、

正しき判断から遠のく場となる危険がある。

感情を入れず、

とくに性別は言えない時代になったが

女性の脳と男性の脳の働きが違うことは、感情の持ち方も違うと考える。

自分自身を考えるとよく理解できる。

その場の感情に翻弄されると

感情は独り歩きとなり

本来の訴えたい目標から遠ざかり、

怒りや興奮の表情だけが相手に届き

目標の達成は困難となる。

IMG_9437.JPG

*

感情のなかにも

とくに

爆発寸前の怒りの感情は、

得るものが何もなく、

互いの関係を今まで以上に壊してしまう危険がある。

一呼吸置き、

又は数日おき、

よく考えてみると解決する手法が浮かんでくる。

人にはプラスの才能と、その才能を押し曲げるマイナスの面を

誰もが兼ね備えていると幾多の経験から思う。

今の超人材難の時代は、

多くの職場は初めての体験であり

右往左往して当たり前であるが、

今こそ、

吉田松陰の松下村塾の学びが浮かび、

学問以外においても、良き才能を伸ばす教育方法が必要と

自分自身に言い聞かす。

DSCN3589.JPG

*

DSCN3572.JPG

*

利用者さんは、心根が良い人と遭遇すると

食欲がなくても介護さんの一生懸命さが伝わり、

何とか食べようと努力してくださる姿や、

利用者さんが、介護さんのいつもと違う冴えない顔に案じ、

『大丈夫かい。体休めなさいよ。ご飯食べたかい』とまるで身内のひ孫を心配する

ように思いやりの心を配っていただける。

人には、才能が必ずあり、

資格が無くても笑顔が社内で一番であったり

誰とでもコミュニケーションを持つことが可能であったり

掃除が一番丁寧な人であったり、

料理をつくると、マイナス感情だった利用者さんに笑顔が見えたり

短時間のスタッフでも、

ジョークが上手く、

笑いを引き出し良き余韻を残してくれたりと、

人には個々の才能が必ずある。

DSCN3575.JPG

*

今こそ、個々の隠れた才能を発掘することで

組織も

個々の職員も

互いが生きやすい職場となるのだろう。

大きな組織

中堅どころの組織

ぐるりと回ると一回りできる組織、

自分のところは、ありがたいことに今この規模であり

幹部も『ウーン』とうなりこむ場面では、

段階を経て

相手の心の落ち着く場面で、

どっしりと向き合うことができるのがありがたい。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.