エーデルワイスブログ

2020年06月12日 06:22:01
カットの時間から嬉しい時間へ

昨日は、デイサービスⅢ号館に入らせていただき、

美容師ではないが、家族様やご本人にお願いされた髪を切らせていただいた。

A11A4C0B.JPG

94EA2304.JPG

家族様とのやりとりから、

『首筋があせもになると困るので』というご相談から、

子どもの頭を実験台にしてきた経験から遠慮なく

それまでショートだった方も、

コロナから、長髪となった髪を切らせていただいた。

453B5F35.JPG

『お金は持ち合わせがないんですけど・・』と不安げな言葉に、

いえいえ

『プロではないのでこちらからお金を差し上げたいくらいです』と伝えると

『あらーもったいない!』と。

なんという、

相手を敬う言葉であるのだろう!

ことばを大事にすることで相手を包み込み

やる気を出させるのである。

長い人生の経験から得たものなのだろう。

DSCN4757.JPG

(作品作成中)

せっかくの個別の対応時間である。

個別の過去情報から、

きっかけとなる嬉しい思い出話を少しだけお届けすると

グングン、

もつれていた記憶の糸がほぐれだし

ことばに力が入り、

あっといまにカットも終了だ!

DSCN4761.JPG

予定は1名様から希望があり3名様まで・・

文房具のはさみも(プロ専用より自分は安全です)切れ味が悪くなったところで、

グットタイミングで終了。

髪を切った後の感想は、

『お父さんに見せてあげたかった!』と、ほろり。

781FF3B2.JPG

M子さんは『サンキューサンキュー申し訳ない!』と。

コロナの我慢から伸びた髪がスッキリし、

一日を笑顔で過ごしていただいた。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.