エーデルワイスブログ

2020年11月06日 06:33:36
『人は他者との関係性の中で成長する』より

世界中にコロナが蔓延し予定された計画も無くなり

自由な動きを止められた今、

敏感な若者は、

どのように自分を支えたら良いのか先行き不明となる場面もある。

そのような場面で話を傾聴するのは

年を重ね

人生の辛苦を味わった方々には、

その対応力が身についていることが多い。

・・・・・・・

◆◆

DSCN7818.JPG

(ハガキを家族へ)

DSCN7819.JPG

書かなければ書けななりますね。

力の継続です。)

DSCN7820.JPG

(まっててね~届きますよー・・)

・・・・・・・

◆◆

心の休息は、長すぎても短すぎてもピントが合わず、

途中経過にかかわることも必要で、

拒否する人には、

休息が遠回りと思えても

少しの休息をとることが近道であることと同時に

『よくぞ辛い気持ちを話してくれたね』という

心からの眼差しや、

小さな目的(希望)を持つこと、

サブゴールで自分にご褒美を上げること、

心が折れそうになるほど頑張った自分を認めること等、

言葉少なく伝えさせていただいた。

IMG_7044.JPG

縁のあった若者に感謝の気持ちで接することで、

肉親の支えもあり、

ほぼ1週間のエネルギー充足時間から

まだ途中であるが

みるみる回復する姿を見せられ

こちらが勇気をいただき、

プラスのエネルギーは互いに生命力を増すようだ!

DSCN7816.JPG

年を重ねたからこそ感じ得るものであり、

気づかずに失敗した場面も多いが、

このシグナルを察知するチャンスが

家庭にも、

仕事場にも

地域にも存在し、

気づこうとする心が働くと

気づく力は、

鋭敏に研ぎ澄まされていくように思えてくる。

IMG_2162.JPG

若者は、

これからの人生に立ち向かう人間力を

苦しんだ分掴みつつあるように思われた。

個々の苦しみを避けることは難しいが、

備わった対応力を高める為には

やはり人から人への温かさをいただくと

細胞は活性し、

機能は高まり

それを学んだ人等は互いに

傾聴に努めていくチャンスに恵まれる。

脳の神経細胞であるシナプスには可塑性があり、

年長者は、目の前の相手を思い

どうしたら良いかと考える事で、

シナプスを駆使する働きとなり、

活性から認知症予防にもなる。

人の為になることは自分の為でもあるようだ。

DSCN7817.JPG

◆◆◆

人には優しさと

気概(困難に向かう強い意志)を今こそ持つことが必要で、

朝の読書から

一橋大学名誉教授の野中先生の

『人は他者との関係性の中で成長する』から、

『そうだ!そうだ!』と納得するまとめの時間をいただいた。

感謝!


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.