童神

F1000067_3.JPG  

入居されている方の娘さん二人が、ブログをご覧になり来所していただけました。

 

ご本人は昼食後のまどろみに入っていましたが、

 

観音さまの横で娘さん二人と三人で親子の場面へと・・・

 

 

 

F1000271maru.JPG

 

 

銀座通りの話しや映画館の近くにお姉さんが勤めていたこと、

 

お産の9ヶ月まで自転車に乗り実家の畑手伝いに行かれていたことなど、

 

まっすぐ前をむいて生きていた、お母さんのお話をいただけました。

 

 

 

 

F1000067_3.JPG

 

 

 

今日は、朝の「動の時間」では沖縄の「童神」を歌わせていただきました。

 

新しい歌でもしっかり刻み込まれます。

 

 

 

 

 F1000271maru.JPG

 

 

 

 

子供を授かり、よい子が生まれてきますようにと願う場面から、

 

子育ての暑い日、寒い日、胸に抱いて育てた日々、

 

育った我が子を嵐のような世界へ送る母の思いなど、

 

 

 

 

F1000067_3.JPG

 

 

 

 

歌詞を説明し、

 

一緒に歌いました。

 

穏やかに一緒に口ずさもうとする方、

 

 

大きな声で歌う方、

 

Sさんは、涙をぽろぽろ流され号泣している場面となりました。

 

 

 

F1000271maru.JPG

 

 

ホームの皆さん達も、たくさんの感性をもち、

 

 

今の子供さんの顔や名前が理解できなくても、

 

 

心配な幼い日の我が子をしっかりと胸に秘め、

 

 

どのように進行しても、

 

母親としての愛を強く、

 

力は残されていることを教えていただけました。

 

 

 

 

F1000067_3.JPG

次の記事

頭を切り換えるチャンス