認知症になっても暮らせる町づくり

gft0106-049_s.jpg   

 

 

 

 

 

認知症になっても暮らせる町づくり

 

行方不明から安全に戻れる事を願う会の流れを

 

クリニシアンへ記載させていただきました

 

 

 

 

一番の目標は行方不明者の捜す範囲が狭いうちに

 

何とかしようと初期周知に入ります

 

 

 

 

 

 

 

han0149-026_s.jpg

 

 

 

 

 

 

 

夕焼小焼けのメロディーに 

 

子供も 老人も立ち止まって耳を傾けていただき

 

任意で集まった会員達が 

 

行方不明者を家族様と共に

 

不審者と思われない為に腕章をつけて捜します

 

 

 

 

 

 

han0200-004_s_2.jpg

 

 

 

 

 

どこの町でも やる気になればできることであります

 

 

 

参加者を強制せずに都合のつく方が・・ポイントであります

 

北見市も地域包括も 警察も 地域住民も”命を守る”と目的を同じに

 

働けることに大きな喜びがうまれます

 

 

先日は警察の方も認知症サポーター養成に参加していただけました

 

 

 

 

 

 

 

han0190-049_s.jpg

 

 

 

 

 

 

一つのネットワークは

 

福祉関係者同士のつながりとなり  

 

大事な利用者支援に効果をいただくことや

 

異業種の人々の仕事の大変さを互いに知る場面となり

 

学びは全て自分のものと吸収することができます

 

 

 

 

 

 

han0192-049_s.jpg

 

 

 

 

 

 

今の元気な自分達が行うことが

 

大きな地域の財産となりますね

 

 

 

 

クリニシアン

http://www.eisai.jp/medical/clinician/

 

 

 

 

前の記事

公表制度の立会い