NHKジャーナルと老いる喜びへと

CIMG5849.JPG            

 

 

 

 

 

 

明日8月1日(月)

夜10時ラジオ   NHKジャーナル 

捜索模擬訓練の内容が 全国放送へ

 

 

 

 

 

CIMG5769.JPG

 

 

 

 

 

 

行方不明者役の小百合さんの言葉も

 

全国に流れることになるのか

 

 

 

けっして せりふではなく  実際の場面でも起こりえる言葉である

 

捜索する 発見するのはこちら側の思いであり

 

行方不明者となっている小百合さんの心の中には

 

目的をもった理由がある

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5828.JPG

 

 

 

 

 

 

 

昨日職員と共に札幌で学ばせていただいた学びの中でも

 

老いの 本人からの言葉は少なく  

 

世の中にある老いに対する言葉は

 

一方的な見方からの言葉が多い

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5770.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

一つの学びから 多くのものが浮かんでくる

 

学校の点数と 同じように 正解  不正解で判断される

 

できて当たり前の 世の中の目線で語られているのだ

 

 

 

 

 

 

CIMG5791.JPG

 

 

 

 

 

 

 

しかし その学校においても 

 

学力一番の人には無い ユーモアさだとか

 

惜しまない相手を思いやる心をもち 

 

不登校の子の家にあきらめることなく訪れ

 

気持ちを寄り添える子もいるが  

 

担任の価値観により 取り立てられる場面は少ない

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5794.JPG

 

 

 

 

 

 

できなくなることは価値が下がることと 

 

現実の対価ばかりが求められる世の中となり

 

年長者の おばあさんがそこにいるだけで  孫等は安心し

 

何だかほっとする 空間をいただけた時代が日本にもあった

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5771.JPG

 

 

 

 

 

 

 

そのような心の空間には ゆったりとした間があり 

 

非言語的コミュニケーションがふるに働き出し

 

心のやすらぎがある

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5833.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

生きていくプロセスの中で

 

老いることへの体の変化や 退職という年齢など

 

マイナス要因ばかりがあげられていくが

 

これが ゆったりと暮らす空間への訪れ

 

元気な視線では移り行く字も景色も 瞬時にとらえると同時に

 

目に入りすぎ 止まることなく流れてしまう

 

 

 

 

 

 

CIMG5773.JPG

 

 

 

 

 

 

しかし老いる喜びとは  

 

見たいものに集中し 一点から何かを感じる心は

 

年齢を重ねるごとに感性は豊かに大きくうごめいていく

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5845.JPG

 

 

 

 

 

 

 

これは若者には少なく

 

認知症になっても研ぎ澄まされた感性は気高く残るのである

 

 

 

老いるという言葉ばかりではなく

 

長老 と老いても 敬う言葉も存在する

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5819.JPG

 

 

 

 

 

 

これからは老いる側から  どんどん意見を伝えていこう

 

 

殺伐とした 間の無い 空間に 潤いをもたらす時代がやっとやってきたのである。

 

 

 

 

 

 

CIMG5840.JPG

(終了後小樽へ)

 

 

 

 

 

 

 NHKジャーナル
http://www.nhk.or.jp/r1/journal/

前の記事

ネットワークの始まり

次の記事

誕生会