完全復帰Tさんと再び手厚い介護が必要な時期に入ったS子 さん

      014105s_2.jpg 

 

 

 

 

 

飲み込む動作を忘れたTさんは、

今、完全に復帰することができている。

昨年春頃から変更になった認知症治療薬もDr指示により完全に止まり、

今、生まれ変わったように

新たな笑顔と少しスリムになった体で安全な歩行を維持している。

 

 

 

 

 

DSCN0851.jpgCIMG7085.JPG

DSCN0855.jpgCIMG3946-2.jpg

 

 

 

 

過去に何度も終末支援をさせていただいているスタッフ等は

申し送りから何度も話し合い

まるで家族を介護するように

「これは・・あれは・・」と次から次へと考え

今、再びS子さんへの手厚い介護が必要な時期と対応中である。

 

 

 

 

 

CIMG6673.JPGIMG_0890.JPG

 

 

 

本来の認知症対応のグループホームへ、

最終の看取りの場が用意され

協力病院の医師と訪問看護の連携は

本人を中心とする同意を得た安楽な医療と

介護と家族の強固なチームとなり

 

 

 

014381s_2.jpg

 

 

 

人生の最終の場に

個人史から導かれた最も好む宝のような場面と

本人が好む環境・音楽を

 

 

表情を把握し

「今だ・・届いてほしい」と願いながら

その日の状態に合わせ、

わずかの時間であるがお届けさせていただいている。

 

 

 

014396s_2.jpg

 

 

大事にする心は自分に戻ることを

先輩も、入ったばかりの新人も知りつつある。

 

 

北見は多くのグループホームが最終の場に向け対応中である。

前の記事

朴の木