自分で“とき”を組み立てる

CIMG1331.JPG

・・

誰にも邪魔されず、

自由に、

今の自分の“ 時 ”を

自分流に組み立てていくと、

過去から現実の瞬間までの自分という人間の生き様を認め

IMG_2963.JPG

・・

レコードに置く針の一つにも

昔のように傷をつけぬよう

集中し

そっと頃合いを見て手を放す緊張の瞬間を

解きほぐすように

メロディーと共に懐かしい思い出の一コマがあらわれ

忘れかけていた自分の存在価値を思いだす。

IMG_2891.JPG

・・

当時のように好きな本を片手に

好きな曲が終わると

側にいた

最近知り合った仲間らにやっと気づき、

CIMG1337.JPG

笑顔で

互に共通する趣味を交じり合わせ

周りの人等の静かな応援を快く受け入れ

兄弟のような時間も共有する。

・・・

過去からの記憶の再現は

自分という存在を受け入れ、

現実の時間を共有する為にはなくてはならない導入の時間だ。

前の記事

ふと、考えてみると

次の記事

自己評価報告より