「連合の法則」からふりかえる

002839s_2.jpg

心理分析の本中に、

「連合の法則」というものがあると述べられていました。

楽しく愉快に過ごしている場面で会った人、

好きな演奏会でであった人

自分が逃げ出したい嫌な場面で会った人

「楽しい・嫌だ」という思いが連合し

その場所や物、人に対する感情に結び付いていくといいます。

051218s.jpg

苦手な人、

すぐにでも会いたい人は、

このようなことも影響しているのかもしれません。

横道にそれますが、

特に感情が残る認知症の人の対応にあっては、

病気からの影響で

強い思い込みから介護者が暴言を受ける場面がありますが、

その場面では生まれたままの感情を出さず、

プロとしての自覚から、

やさしく言葉を聴いたり、

語尾を上げ相手の気分を改善しようと努力する声が届くと、

プロに徹した感情のコントロールが出来たのだと思う事が出来ます。

020503s_2.jpg

また、連合の法則からみてみると、

良き感情であればその会社全体のイメージまでにも影響し、

反対の

一人の不快感を発する職務の人から、

その職業全体にまで影響力があったりすることもありますね。

自分から発する感情の影響が相手にいつまでもイメージとなって結び付くのだと理解できると

自分を知り尽くした馴染みの人、

初対面での人との対人面でも配慮が必要なのだと

無神経な自分には考えさせられます。

前の記事

気を使う猫