ちネット設立10周年記念大会

本日も「ちねっと設立10周年記念大会」で仙台に来ております。

センター長の加藤先生の設立当時のお話など、

歴史をふりかえり、これからの10年の指導者が果たす役割について考える時間となりました。

何と言ってもグループホームの草分けは函館の林崎先生の

真っ直ぐ認知症の人へ向かう姿勢から

随分と指導者たちは良い刺激を過去にもこれからも受けさせていただくものと思われます。

日本では、予想を大きく前倒しとなって増え続ける認知症の人の数から

指導者が

地域で

在宅で

施設で取組む姿勢から少しでもい良き方向へ向かう事が出来るよう

気持ちを新たにする時間となった方も多かったのではないかと思います。

今日も引き続きシンポジウムがあります。

前の記事

役割と食事