高齢者虐待と不適切ケア研修終了!

IMG_2199.jpg
***

高齢者虐待と不適切ケア

~内容~

1.高齢者虐待と不適切ケア

2.高齢者虐待と尊厳

3.認知症高齢者について理解を深める

矢吹知之講師

認知症介護研究・研修仙台センター

東北福祉大学

*

IMG_2192.jpg

昨日は晴天の中、総数約70名の皆さんが参加していただきました。

息をつく暇もなく仕事の都合をつけて参加する人等、

市内・網走・津別・置戸グループホームスタッフの方々や、

デイサービス、

シンフォニー高齢者住宅からも3名が、

市内での貴重な機会に参加することが出来ました。

*

IMG_2203.jpg

★学びから★

高齢になることからの環境適応の変化から、

その理解の欠如からの不適切ケアに入る危険や、

認知症を学んだ人等に理解しやすい

中核症状からのBPSDの症状の理解では、

知識は相手も自分らも守ることになること。

*

IMG_2193.jpg

また、事業所の目指すべきケアから

『日々の暮らしから不適切ケアかな・?』と気づくことができ、

不適切ケアや虐待を行ったその個人だけではなく、

管理者、

経営者、組織全体の取り組みが重要と再認識する場となりました。

虐待防止研修は難しいものですが、

講義の組み立てにより

より理解を得る研修となることの学びもキャッチです。

*

IMG_2204.jpg

*

参加者受講後の組織による取り組みも大事】

『虐待とは言い難いが不適切ケアと思われるケアはありますか』

(講義資料より)

これを全員が書き出し

組織で話し合い、

どのように現場で取り組むのか、

運営推進会議等で発表し、

その後の経過も定期的に報告することが

もっとも大事な評価基準になるのかと考える場面となりました。

興味引く研修ありがとうございました。

本日は、きたほっと地域住民の皆様へ

ボランティアで

本場の

オランダからのオレンジカフェ』をお話していただけます。

興味ある方もぜひお気軽にお越しください。

10時~11時30分頃までお話し予定です。

いつもの交流会も含みます。

次の記事

ご利用者のことば