チームワーク

CIMG0606.JPG 

新人16歳は順調に訓練を受けています。

 

 

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

 

 

お客様にお茶を差し出す場面の日常的なことから、

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

 

今は、笑いの体操も少しずつ慣れ、

 

 

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

 

利用者様の邪魔にならない相槌と距離を保つ大事さ、

 

 

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

 

照れくささから笑いながら行った朗読に、「まじめにやりなさい」と一喝されても、

 

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

 

素直に「はい」と返事を行い、

 

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

気持ちよく皆さんにめげることなく朗読を展開しました。

 

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

 

何も教えることのない朗読から、心をこめ情景が思い起こすことができるようにと念じる朗読を側で聞いてもらうと、

 

 

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

 

その日の交換ノートには、「感動しました」と、朗読から利用者様が涙をする場面に驚いたようです。

 

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

 

ぶしつけで行った完成度の低い朗読でしたが「心を入れる」大切さを感じていただきました。

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

昨日は、副リーダーがニコニコと笑顔で「施設長、○○が聞いていただきたいことがあると言っております」と伝えにきました。

 

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

 

16歳は「これからエーデルワイスの理念を言います」と驚きの場面を提供してくれました。

 

 

一字一句間違えることなく見事に唱えることができました。

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

あまりの感動の場面に思わず16歳を抱きしめてしまいました。

 

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

課題を提供し場面を設定しても、そのことは告げずに16歳に発表の舞台を提供した副リーダーの陰の力は見事なものでした。

 

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

 

感謝と感激と感動の場面をいただきました。

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

身内の話で恐縮ですが副リーダーを育てているリーダー・ホーム長・所長・エーデルワイス全体のチームワークに感謝です。

 

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

 

また今日は、ありとあらゆる神仏にお願いをした受験関係者が一名おります。

 

 

04SPR05A.jpg

 

 

どうか、落ち着いて力を発揮できますように・・・

 

 

 

 

04SPR05A.jpg

次の記事

立場