個々に与えられた使命

生まれ出る家庭において、

学生の年齢では、

さまざまな資格を得たいと願っても、

役所からの制限があり

取得は困難な家庭環境もあるが、

どのような条件においても、

仕方がない』とは考えず

また、

自分のみにとらわれず、

後に続く後輩等の為に働かせていただこうと

使命をもって背筋をのばし

堂々と

且つ

丁寧なことばで

相談するように訪ねていくと

過去に

道がひらかれる場面に転じたことがある。

社会への一歩は

まず、

自分の手で掴もうと働くことで

世間様の優しさを

肌で感じることもできるだろう。

外国人就労も不可欠ではあるが、

その前に

自分は、

まだ、

同胞の

日本人の掘り起こしに精をつくしたい。

前の記事

冬は楽しみをもつ季節

次の記事

春の陽気