『汚染されていますが、紙パンツ交換が困難です!」と

在宅からのご相談です。

オムツ交換をさせてくれないと・・

一生懸命、息子さんが介護を支援中です。

そこで、ご利用者本人の

デイサービス利用中の言葉を拾いました。

 

🌷

 

『汚れていないよ。ほらね』、

明らかに汚染されているのですが

あまりに紙パンツが高品質の為に

汚染を感じません。

 

そこで、家族様から許可をいただき。

デイサービス利用中は、布パンツに取り替えました。

ご本人も違和感はなくスムーズに導入です。

 

🌷

 

排泄パターンから早めに誘導ですが、

最終では、

トイレにて

「ズボンじゃなくてパンツも汚れちゃってるわ」と

汚染に気づき、

拒否なくスムーズに交換することができました。

 

🌷

 

デイサービスで、

今一度、汚染からの不快感を思い出していただき

排泄交換が上手くいくようご支援させていただきます(が・・・)

トイレにて汚染なく排泄ができるのが一番です。

 

🌷

 

しかし、

理想と現実は違いますね、

いつも、在宅介護者様には手抜きを訴えているのですから、

息子様の介護の手間を削減するのは、最も重要な優先的課題です。

自宅でも排泄交換がスムーズになる次の

在宅用のアイデアを用います。

 

🌷

 

在宅生活が継続できるか否かは、

生活の中のふとした場面で息切れしてしまうのが原因となるのですから。

 

 

次の記事

後手