やわらかな 心 

認知症が進行された方の言葉は

断片的で

つい、

見逃されがちであるが

多くの感情から湧き出すような深い想いが伴っている。

 

 

「いやーおねえちゃん!夜はぼたもちかい!いいなー!」

🌹

 

会いたい、

嬉しい、

美味しい

恥ずかしい・・・

さまざまな感情を訴えてくるが、

 

 

AM8:00

まるちゃん・・

まり・・・まりちゃん・・ と他者に呼びかけている。

 

単語は断片的であるが

暮らしを知り

家族を知ると

「あー娘さんを思い出したんだ。会いたいんだな」と

その人の顔と娘さんの顔が重なってくる

 

 

 

 

介護支援を届け、

言葉をいただいたその人は

心の代弁者でもあり、

 

 

プロだからこそ

かなえることができる心の徳積みは

介護者自身の心を潤し

目には見えない喜びが

ほんとうは

一番大事であることを知ることとなる。

 

 

 

 

シートに

「大事な言葉」と

察知し記録していただいた心は尊く

やわらかな心をもっているのだと「ことば」から

多くのものが伝わってくる。

 

今日は、早速メールを送りご都合の良い時に電話をいただこう。

 

 

良き介護者の心に感謝する。

ありがとう!

やわらかな こころにかんぱ~い 🍻

前の記事

コスモスと空