プライドを持つ介護者の意識

ベトナムから来た

クエンさんと、

レンさんは、出勤時の挨拶はきちんと相手の目を見て話され常に笑顔であります。

移動介助をレンさんや技能訓練指導員と一緒に実施しています。

現場管理者より

 

(シンフォニー余暇の時間、自ら挑戦)

🌹

プライドを持つ介護者の意識

 

異国の地で

自分等も、そのような立場になったならば

緊張の中にいることでしょう。

 

 

 

 

更には、徐々に増しているAI(人工知能)を搭載した介護ロボットは、

人手が減少すると、

”感情に左右されない介護ロボット”を

選択するご利用者が出てきて当然になるかもしれません。

 

 

 

人としての介護にプライドを持ち

介護ロボットに負けない何かを

磨かなければならないのかと、

ベトナムのお二人の真摯な姿から

忘れていた何かを思い出させていただけました。

ありがとう。

 

 

 

 

 

前の記事

季節を体で感じる