大事な一日を真剣にトライ!

入居の人等は、インフルエンザ接種時期となりました。

いつ接種されたのか、

3交代の勤務から職員等が全員周知することが必要ですね。

🌹

いつも元気なNさんが、いつもと様子が違うと言うのです。

いつも見させていただいている介護現場からの、

『変だ』という意見はとても重要で無視することはできません。

 

 

熱・血圧・脈・酸素濃度、意識レベルを確認です。

7度2分といつもより少々高いだけで後は正常範囲ですが、

眠気が強いようでした。

これは倦怠感と熱が上がる前の段階かもしれません。

念の為、抗原検査実施。

マイナスでした。

 

 

 

更に情報を収集です。

とにかく水分をいこう!無理せず誤嚥に注意!と介護現場のできる指示を出します。

 

管理者休み、管理者代行者は緊急で母親の身体状況変化から病院です。

 

ここで、訪問看護と連携をします。

途中現場スタッフより、ご家族へ今起きている状況を報告です。

 

 

現場、医師とつながり服薬指示をいただきます。

服薬開始!!

さきほどのインフルエンザの回答が届きます。3日目前でした。

もう一つ、重要な情報が、

コロナワクチン接種後も反応がありました。と。

OK!OK!

ここで、少しだけ安堵します。

 

ご家族へ更に連絡し、他に孫さんの面会時の情報も交え気分は明るく。

 

現場は、水分補給と先ほどの医師の指示から服薬がすでに終了しています。

 

 

 

そのご、目がぱっちり開き、

覚醒も良く夕ご飯も完食され水分も1200CC摂取ですと報告あり。

介護現場から更に心配する家族へ丁寧にハキハキと連絡を入れていただく。

 

 

同時に入居されたばかりのシンフォニー利用者様の血圧が高く傾眠も強く変化です。

救急病院へ搬送です。

 

管理者代行者の母親も、救急搬送から

無事に自宅へ戻ることができ安心となりました。^^

 

 

 

命を守ること、

在宅家族を守ること

昨日は、2つのデイサービスで利用困難な方がつながりかけています。

2時間の利用で無償の働きとなりますが、

無理はせず、ご本人の要望を優先です。

合わせていただくのではなく

こちらが、

あわせていくことだと考えます。

 

🌹

 

せいいっぱい現場でさせていただくことで、

老いて病気なる人々を大事にしなければならないという尊さを

スタッフは、感じていただけると考えます。

利用者さんにも

家族様にも

救急隊にも

医療の人々にも感謝の一日でした。

一日に、ほっ!(^^)/ みなさんに感謝です。

自分にもありがとう!

 

 

 

 

前の記事

力の活用

次の記事

人生の時間を預かる