認知症の人しか入れない住宅型有料老人ホームエーデルワイス、まもなく開設です。

デイサービス

入浴保清や朝の体操など励まれ個々の活動に取り組まれておりました。

午後よりNHKへ作品展を見に行き皆様自分たちで作り上げた作品を見て

これ私が作ったの?よく作ったね」と喜ばれておりました。

帰り道に紅葉を見に通り秋といえばなんだろうねと回想法を行いました。

「栗や柿やサンマ、やっぱり紅葉だね」などお話が広がりました。

現場管理者より

 

🌹

 

🌹

 

🌹

 

社長さんだった人も

病院の先生だった人も

学校の先生も

お花の先生も

誰もが老いを避ける事はできず、認知症と言う病気に罹患されることが多くあります。

 

🌹

 

光の当たらない所に光を当てようと念じると

必ず良いことが起きるのだと長い念願が今、叶おうとしております。

 

2000年の介護保険前には、随分と認知症の人は嫌われていました。

「あっちのへや・こっちのへや入って困るんです!』と厳しい言葉を家族は受けていたでしょう。

 

今、認知症の人しか利用することができない

住宅型 有料老人ホームエーデルワイスが開設いたします。

本来の有料の規定面積は広いのですが、

グループホームの改修なので、

認知症の人にとっては

混乱することなく

穏やかに過ごせそうです。

 

このような住宅型有料老人ホームをつくりたかったのです。

天に感謝です。

 

北見市末広町350番地59

11月1日から徐々に入居を進めさせていただきます。

 

 

 

次の記事

カンファレンス