エーデルワイスブログ

« ラジオの放送とナビ | 厳しい言葉と思いますが、あえて・・ »
2017年05月08日 06:22:44
希望を持てる日を

ゴールデンウイークもやっと終了です。

スタッフも全員が頑張り踏ん張りました。

人を預かり、

世話をさせていただく事はプロでも正直大変で、

涙を浮かべ

辛さを訴える場面もあり

話を聴き、解決策を話し合いますが、

プロでもそうなのです。

IMG_2994.JPG

多くの人等が楽しく過ごすと思えるゴールデンウイークこそ、

家族介護をする在宅介護者にとっては

苦しく

『何で自分が・・』と思って当然です。

平成28年度高齢社会白書にも

65歳以上の要介護認定者の増加が

認められておりますが、

・・・

世の中の

関係機関が休日となると

全く通じない機関や、

交代で電話を受け持つ方もおりますが、

心苦しく、

心の変化を気軽に吐露する場所がありません。

IMG_3005.JPG

認知症の人が認知症の人を介護する

認・認介護家庭や、

自分の体が思うように動かなくても

高齢者が高齢者を介護する

老・老介護家庭、

また、

統計的にも

要介護4以上では約半数が

ほとんど終日介護を行っていると言う実態から、

命を守る為にも

土日祭日こそ、

どこかに委託するのではなく

国の柱として、

在宅介護者のみならず、

子供も、ひきこもりの若者からも、

SOSを受け取りやすい環境つくりが国の対策として

もっと

重要視するのが必要と自分は思います。

IMG_2999.JPG

★★★

在宅介護の面では、

世間様からは

「明るく

元気に介護していた人だったんですよ」と

一見快活なレッテルを貼られ、

命をつないでいた人が

突然、希望がなくなる日があることを知っていただきたいと願います

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.