エーデルワイスブログ

« 希望を持てる日を | センサーのさびを落とす »
2017年05月09日 05:58:25
厳しい言葉と思いますが、あえて・・
IMG_0272.JPG

プロだからこそ、

変るのは

認知症を患うご利用者や、突然病に伏す事になり

人の手を借りなければならなくなったその人でもなく、

変るのはプロの介護者です。

介護者が言葉に出さずとも

目線、

心の動きを敏感に感じるのが患うその人で

誰よりも

鋭敏に感じ取る働きが研ぎ澄まされているのです。

IMG_0269.JPG

(丁寧な料理は心がいっぱい詰まっています。)

難しい事ではなく

プロとして

心の動きを教えていただこうとする

真摯な気持ちで対応をさせていただくと、

・・・・

そうだったのか・・と

素直な気持ちで

変るのはプロの介護者であり、

介護される人ではありません。

認知症介護は、どんどん進化しています。

認知症介護は人として対応させていただく基本であり、

学ぶ意欲は

自らの心の動きが最も大事で

学んできても

資格を取得しても

心が動かなければ

ただ、そこにいただけの人になりますね。

IMG_0271.JPG

(勉強会からの学びから

落ち着きを取り戻しました。

プロの介護者の働きは在宅存続に深い意味を持ちます。)

過去に自分も、生活相談員の立場で大変失礼な対応を行ってきました。

農繁期に車椅子に乗り、玄関前で帰りたいと願うその人の顔が今でも思い浮かびます。

忘れる事はないと思います。

しかし、それが前に進む原動力となっています。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.