エーデルワイスブログ

« 在宅支援 | やすらぎのことば »
2017年07月05日 06:36:46
お知らせ、 盛りだくさんです。
kusuguru_baby.png

認知症の人と暮らすまちづくり研修会

認知症を知り 住み慣れた地域で共に生きよう

主催:北海道認知症の人を支える家族の会

*共催:佐呂間町

*平成29年7月8日(土)13:00~16:00

*場所:佐呂間町民センター

年々高齢化がどの町でも増しています。

認知症と診断される人も、減る事は無く、どんどん増しています。

今、考える事、今学ぶ事が自分等の地域つくりにも役に立ちますね。

pose_genki08_obaasan22.png

◆◆◆

同じく今週の土曜日(8日)

『認知症になっても暮らせる街』

を目標に、

様々な人等がRUN判(ランとも)で走ります。

駐車場の関係から

北見市新生町「きたほっと地域食堂』付近が、

北見ゴール場所となりました。

時間は夕方になりそうです。

地域の皆様は、ランナーへあたたかな拍手と共にあたたかな地域づくりを目指し、

考えるチャンスといたしませんか。

roujin_ninchisyou_man19.png

今、新生町が”あつい”です。

きたほっと地域夏祭りは7月29日(土)です。

民間の北見信用金庫 北光支店の皆さんも昨年に引き続き支援に入ります。

地域つくりには、地域のいろいろな人が必要です。

建築屋さんも、コンピューター屋さんも、車屋さんも、病気の人も、

家にこもりがちな人も

米屋さんも、みんな必要で大事な社会資源になりうることができますね。

福祉には様々な人が必要なのです。

pose_shock_obaasan.png

あっと言う間に過ぎ行く夏を楽しみ、考え、より良い地域を共に目指しましょう。

互いが顔の見える地域つくりは、災害時にも役に立ちますね。

pet_dog_sanpo_obaasan.png

お知らせ第二段

翌日、北見赤十字認知症疾患センター共催にて

永田久美子先生を迎え、

『若年認知症という病気を知っていますか?』

ボランティア二団体が主催となり研修があります。

先生もボランティアです。

ありがたいことです。

7月9日(日)

受付9:30~開会10:00

北見赤十字病院 北館 5階 看護研修室(北見市北6条東2丁目)

終了12時00分頃予定

tatemono_yuubinkyoku.png

お陰さまで定員に達しましたが若干の余裕はありそうですよ。

永田先生も、自分等もざっくばらんな話し合いの場になることを望んでします。

お気軽にどうぞお越しください。

担当 櫻井(0157-33-3852)

***

追記

本日の北海道新聞 朝刊にも

詳しく掲載していただけました。

いろいろな立場の人の協力に感謝です。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.