エーデルワイスブログ

« 勉強会とスタッフへの助言から『徳のある人』とは | 春の音 »
2019年05月23日 06:36:30
早朝から
大事なお話でした。

若年から

認知症発症となった佐藤 雅彦さんの伝えたいこと

できることまで支援しない。

できることまで支援すると、できていたことができなくなり、

本人の能力を奪うことになり、

出来ることは、時間がかかても本人にしてもらう。

できないことだけさりげなく支援する。

IMG_2292.JPGIMG_2293.JPG

DSCN2405.JPGDSCN1728.JPG

DSCN2416.JPGimage2.jpg

◆◆◆◆◆◆

***

ドラッカーの気づき

早朝の本から

昇進し、

優秀な人であっても、

新しい仕事を任された人で本当に成功する人は少ないと。

現場では、

資格もなく、

キャリアもなく、

両方、持ち合わせていない人材でも優秀な人が存在する。

その目利きを失わない様に

常に磨きをかけることで

組織はマンネリを防止し躍進につながるのだろう!

常に自分磨きは、

どの仕事でも大事であり

目標の焦点をサブゴールに絞り込みすぎると、

達成後は本来の光を失うこととなる。

まだ、まだ、

もっと、

大きく、大きく夢を語ることで

言葉は現実に近づき、

新たな闘志とやるきが沸き細胞も活性するように自分は思う。

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.