エーデルワイスブログ

2018年10月23日 06:57:53
在宅で一日も長く暮らしていただく為の支援、一般デイサービス
IMG_1845-4.jpgIMG_9065_2.JPG

一般デイサービスは、

○お家までの送迎

○健康チエック

○脳活性

○認知症予防・軽度認知症進行防止支援

○個別機能訓練

全体機能訓練

○口腔衛生のチエックと支援

個別入浴1対1

IMG_8927_3.JPGIMG_0333.JPG

CIMG7293.JPGCIMG7288.JPG

(血流促進機器も活用中です)

◆華蓮は、失語症訓練あり(看護対応)

◆在宅強化型デイサービスは、機能訓練をOT(作業療法士)対応

IMG_8834.JPGIMG_8944.JPG

(誕生祝の喜びから  )    (土にふれる事で活性です)

IMG_9060_2.JPGCIMG7347.JPG

*

○当日の洗濯物支援(スタッフと共に、残存機能活用し

ご本人ができることのみ行なっていただきます)

○計算力を高め短期記憶の再生(買い物支援)

○機能訓練評価を外出・社会交流から測定(外出支援)

○夕食支援

○自宅介護者困窮時は、寝巻きにコート等をはおり

朝食~夕食まで、ご支援させていただいております。

IMG_8953.JPGIMG_9107.JPG

*

●デイサービスセンター華蓮

●在宅強化型デイサービス エーデルワイス

どちらも一日の定員は10名までの少人数で

会話・傾聴等の交流支援を

させていただいております。

***********************************************

デイサービスセンター華蓮

担当:妻鳥

電話 33-1356

**********************************************

在宅強化型デイサービス エーデルワイス

電話 66-6680

担当:早坂

随時見学が可能です。


パーマリンク

2018年10月22日 06:34:05
北見 菊まつり 『きれいな人、見れてよかったわ~』

お天気も良く

まだ、菊祭り観賞へ行かれていない方々を

ご支援させていただきました。

IMG_0308.JPG

/

外出支援では、『行くかな!」と、

しっかりとした目的から、

足元のふらつきもなく

さまざまな菊をしっかり観賞され

『毎年来てるけど、いつみても綺麗だね』、

『着物きた綺麗な人だね~会えてよかった』と、

美しい人の印象が強く残されておりました。

菊祭りは、昭和26年丸い伊藤百貨店で

第1回目が開催されたそうで、

今年で66回ということですから、

高齢者の多くの方々の脳裏にも焼きついており、

元気になる回想にも役にたちそうです。

IMG_9001.JPG

(葉付き大根は貴重です。

今の時期をだからこそ

ふれていただきたい野菜です。)

IMG_9009.JPG

(まちがい探し、集中力も回復です。)

IMG_0311.JPG

今年は10月28日(日)まで開催です。

場所は、北見駅 南多目的広場で

◆北見芸術文化ホール前で開催されております


パーマリンク

2018年10月21日 06:44:51
誕生日
IMG_0298.JPG
*

朝からご自身の誕生日を喜ばれ、

明るく

楽しそうに、

笑顔を絶やさず

少女のように周りの人等にも

喜びを与えてくださいました。

*

IMG_0299.JPG

IMG_0293.JPG

*

誕生日の喜びは

与えられた人生を祝う姿であり、

ご両親が健在でしたらきっと喜ばれていたでしょう。

素敵ですね。


パーマリンク

2018年10月20日 06:35:24
過去・現在・未来
IMG_9054.JPG
(北見菊祭り始まりましたよ!

土日はお天気にも恵まれそうですね)

昨日で、研修受け入れも無事に全て終了しました。

高校生の職場実習から、

福祉の専門学校の生徒さんの実習、

認知症実践者研修リーダー研修の他施設実習等、

この期間に集中しました

CIMG7341.JPG

統括との会話の中でも、

『各事業所の管理者等が成長しているのだと思います』という、

言葉に、

前日の夜に実施した

自主参加の勉強会の開催の継続等、

学びの継続の大切さを改めて思い知る場面をいただきましたが、

IMG_9060.JPG

(足早に過ぎ行く秋はこちらからつかまえに)

高校生の職場実習終了後

受講生の祖父が当時、老人保健施設の生活相談員の立場時に

間接的にお世話をさせていただいた○○様で、

お名前から走馬灯のように当時の場面が浮かび上がり、

IMG_9065.JPG

皮膚トラブルのある方で血流を良くしようと

2Fから1Fまで看護が体幹を支えながらも歩行訓練を行い、

途中の目標である事務所で少しの休憩をしていただき、

『ごくろうさまですね。頑張っていますね』と。

当時の管理部長と共に

お茶の接待をさせていただき

看護もご本人も笑顔で再び、

居室へ戻っていた情景が浮かび上がり、

実習生の母親である娘さんも

『そうです!そうです!』と。

IMG_6522.JPG

たぶん月曜~金曜日まで

ほぼ毎日、午後から一定の時間行われていたサービス担当者会議へも

お母様と一緒に娘さんも参加していたのでしょう。

IMG_6520.JPG

『ご縁があったのですね!』と当時の思いに浸る時間となりましたが、

亡き本人からみると孫である息子さんが、

『とても、良い顔で戻ってきていました』と3日間の

母親からの評価もいただき

2000年頃からの老人保健施設時代の失敗を

いつも背負っていましたが、

少しだけ荷物を降ろす事ができたようにも思います。

IMG_0276.JPG

IMG_0283.JPG

介護される人も、介護を支援する人も、ご家族も、

互いがウインウインの関係ができることを

目標に

新たな気持ちにさせる研修受け入れからのふり返りとなりました

感謝です。


パーマリンク

2018年10月19日 06:09:22
サービス付き高齢者住宅シンフォニーを会場にハロウインパーティと、 空き情報

ハロウィンパーティー

本日外出支援に利用者様全員行かせて頂きました。


皆様仮装の準備をしていた際も喜ばれており、


「似合うかい?」と楽しまれておりました。


「とても楽しかったよ!」と皆様喜んで下さいました


「北見の昔の写真かい?懐かしかったね!」と


昔を思い出しながら楽しまれておりました。

在宅支援強化型デイサービスエーデルワイス

管理者 早坂

IMG_9034.JPGIMG_1840.JPG

IMG_1848.JPGIMG_1846.JPG

IMG_1841.JPGIMG_1844.JPG

IMG_1839.JPGIMG_1837.JPG

●●●

【皆様、互いに顔を見合わせ

似合っているよ!と。非日常的な刺激も

受け入れOKでした。】

●●●

実習生


利用者様が到着後明るく挨拶をされておりました。


会話も積極的に行われており、

目線もしっかりと合わせて話されておりました。


水分提供や昼食の配膳・会話を中心に行いました。


午後からは○○様と会話されており、

勉強の事や兄弟について会話弾まれており、


手相の話題から『見てあげるよ』と見てもらっておりました

デイサービス五号館 管理者 山田

IMG_1835.JPG

◆◇◆◇◆

高齢者住宅シンフォニー空き情報

1名様又は、ご夫婦2名様利用可能なお部屋が

1室ご提供できます。

市内以外の方でもご利用になれます。

ご相談受付中です。

0157-57-4042


パーマリンク

2018年10月18日 06:48:51
組織全体で

昨日は、認知症実践者研修アセスメントⅠを担当させていただきました。

なじみのある厚労省23項目でまとめられたシートを脇におきながら

ICFをベースに

考えながらの分析方法であります。

見えている部分と見えていない部分(声なき声)に焦点をあて

どんどん考えます。

CIMG7315.JPG

(実習生と北網圏文化センターへ)

難しく考えるのではなく

ともすると、

どこに何を配置したらよいのかと場所の確保に時間がかかりますが、

そこまで規定はしておらず、

どうしたら、

障害があっても、

共に生きていくことを目指す事ができるか

CIMG7325.JPG

デイサービスセンター華蓮(一日10名定員)

能力があるのに使われてなかったり

全部ができなくてもできること、

少しの支援でできること、

自分以外は全て環境である事など、

アセスメントⅠ.Ⅱ共通事例NHさんになりきり、

考えてみることに専念していただきました。


自分も約3ヶ月かけ掘り下げましたが

地震からの大停電で開始が遅れましたが

そこで、自分自身の中で微力ながらも熟成することができたように考えます。

CIMG7312.JPG

(既往歴・現病・本日の健康状態確認後の

『一度は見たいよ』という希望者による

プラネタリュウムの参加です。

出口の側の配慮や短時間等

北網圏さんにも協力をいただき感謝です。)


認知症を患う人のツールは、1つだけではなく

あらゆる視点から考える力が求められます。

また、認知症を患う人の『本人の意思の確認』が強く求められ、

認知症の人の為のアセスメント

センター方式が重要となってくるなーと実感です。

講義は、講義する自分の為のものでもあり、

参加する受講生の真剣な眼差しや取り組む姿に

感動する場面もあり

終了後、歩きながらで失礼でしたが

挨拶していただける人々に、思わず

『やめないでね・・・』という言葉を届ける場面となりました。

また、事業所の現場では

専門学校の実習生があちら、こちらに配属されていますが、

共通の受け入れテーマは

『介護の喜びを知っていただく』というテーマであります。

笑顔があり

互いの心の豊かさを知ることで

ご利用者からも

『頑張れ”頑張れ!』と上手くいえない体であっても

応援スタイルに入っていただいています。

ありがたいことです。


パーマリンク

2018年10月17日 06:20:05
発表の場
IMG_9116.JPG

*

留辺蘂のオンネナイ原野デイサービスでは、

地域図書館の協力も賜り、

2回目の美術作品展示に向け

ご利用の皆様もスタッフも意識がとても高まっております。

*

IMG_8824.JPG*IMG_8871.JPG

IMG_8811.JPG*IMG_8768.JPG

地元にどのようなサービスがあるのか、

形を変え発進する場にもなりますね。

運営推進会議でお世話になっている○○様からの助言もあり、

昨年度より発表の場として活用させていただいております。

お一人でも多くの皆様にお越しいただき

熱心に取り組んだ成果や

まだまだ力が残されていることを知っていただきたいです


パーマリンク

2018年10月16日 06:47:31
ここだ!ここだ!ここが一番安心だ!
IMG_9089.JPG

昨日もお天気に恵まれ、

オホーツク社会福祉専門学校の学生さんの実習も入ってきております。

富郷ダムへ出かける人々と、

りんご園に出かける人々です。

IMG_9113.JPGIMG_0220.JPG

風景から秋を感じ

季節のめぐりを肌で知っていただきました。

リンゴ園の実りに歓声が湧き上がり、

手を伸ばし

ふれて感触を確かめ、

帰宅後は味わう時間となりましたが、

学生さんにとっては、疑問も生じ、

帰宅後のカンファレンスの時間となりました。

DSCN0017.JPGIMG_6452.JPG

グループホームの利用者様では、

場所が変わることの刺激から少しの混乱もある方もおりますが、

それ以上に良き刺激が勝っていたようです。

しかし、個別により

外出できる時期が進行過程では、

限られる人もいることを知っていただき、

グループホームへ戻ると

「あーここだ!ここだ!ここが一番安心だ!」と

「階段を駆け足で上がっていただけました」とお話がありました。

とても貴重な体験をしていただけたようです。

IMG_0223.JPGIMG_0230_2.JPG

IMG_6456.JPGIMG_6468.JPG

他のデイサービスでは、

『仕事があるからねー。忙しいんです。』と言われていた方達も

個人史から、

ひまわりの種取をお願いすると、

「あーそれなら教えてやるわー」と。

また『今日はいいです』と、言われていた方も、

デイサービス到着後、

お隣さんとの会話で盛り上がり

役割から笑顔でじゃがいも団子を作ることができ

どちらも笑顔をいただき通所につながりました


パーマリンク

2018年10月15日 06:03:09
ひまわり

つい、先日まで咲き誇っていたひまわり、

来年のために

ウッドデッキに風に当たるようにと置いておくと、

IMG_0206.JPGIMG_8094.jpg1.jpg

CIMG8312.jpg1.jpgIMG_8095.jpg1.jpg

『ひまわりの種、

どんなふうになっているのだろう・・』

と、

学生時代の実験のように

集中し

真剣なお顔で

取り組む姿がありました。

IMG_8094.jpg2.jpgIMG_0215.JPG

興味をもつ力、

過去の記憶を再生し

現実の”ひまわり”に統合する力、

まだまだ、

力は限りなく、

病気になっても前向きに

だれよりも

一番、

真剣に生きる時間を費やしているようです。


パーマリンク

2018年10月14日 07:30:00
秋と大事な仲間

季節も

日増しに秋から冬へと近づいておりますがこの時期は、

血流も悪くなり、

肩も腰も痛くなる時期です。

昨夜もナースコールにて肩が痛いと

訴えがありましたが、

このだれかに不安を届ける事で随分と直接的な手当てでなくても安心が寄り添います。

IMG_8927.JPG

また、

この時期は、

家族に何気なく言われた言葉でも

消えうせず

悶々と心の奥に残ると

『なんだか、悲しくなるの。お友達も亡くなってね・・』と

昨日の地域の集まりでも言葉にしていただけました。

IMG_8932.JPG

CIMG8308.JPG

心中の不安を届ける事ができる場があると

悲しみを放出することができるのです。

ご近所の気の合う人等の集まりは、

精神面の安定を導く上でも必要なのですね。

*

IMG_0187.JPG

CIMG8309.JPG

憂鬱な気持ちをすぐに解消できる場は、若い人でも

高齢者にでも必要で、

職場の友人であった

高齢者住宅の女子会であったり

人は、悩みを届ける場があると元気になりますね。

IMG_8936.JPG

IMG_0199.JPG

IMG_0181.JPG

(外は笑顔を多く引き出してくれます)

◆◆◆ホットタオル手当て◆◆◆

厚めの濡れタオルをビニールの袋に入れて

電子レンジで数分熱くし、

適温に冷まし、

乾いたタオルで包み込み首筋を温めると

肩のこりや

頭の痛さも遠のく場合があります。

床屋さんでの蒸しタオルと同じですね。

全デイサービス・グループホームでも体調を見ながら

実施中です。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.