エーデルワイスブログ

2020年01月30日 07:24:41
勉強会からの気づき

≪デイサービスからご家族との交流支援≫

利用者様に相談させていただくと

『息子や娘に書いてみるか』との事で

絵ハガキに集中され考えながら文章をつくり

書かれておりました。

まもなく到着すると思います。

IMG_4008.JPG

≪管理者が悩み、皆さんからいただいたポジティブ支援から笑顔を引き出す≫

○○様に青年期頃住んでいた場所の画像を本のような形で

何気なく座席のテーブルに置いておくと、

すぐに手に取り

スタッフに「この○○まんじゅうは私が学生時代のときに作られた物で

あんこがたまらないよ」

「ここでは見られないけど向こうでは、桜は有名なんだよ」など

様々なお話を聞かせてくださいました。

IMG_4011.JPG

IMG_4009.JPG

≪心がほぐれ皆さんと一緒に図書館へ≫

午後より外出支援(中央図書館)へ行ってきました。

今回はいつも参加されなかった○○様にも参加して頂く事ができ、

「知床か〜行ったことないな」と

北海道の本を集中して読まれていました。

デイサービスセンター華蓮 管理者


パーマリンク

2020年01月29日 10:01:19
どこでもあるケースです。困難は、こちらの考え方だったかな^^
現場報告より

困難事例で、○○さん、

1. 食事を召し上がっても

「ご飯食べてないんだけど」「ご飯はいつでるの?」

「家に電話したい。」と常にあ る状態。

2.「トイレどこ?」トイレ以外で排尿がある。

チームでピアスーパービジョンを行いました。

CIMG3586.JPG

色々な意見を頂き、

まずは、空腹を訴えそうな時を見計らってホットミルクを提供しました。

○○さんの背景から、

焼き鳥やさんをやっていたとのことで、

台所仕事は好きと予想し、

夕方の食事の準備を手伝っていただきました。

その日は日中トイレに行かれることが少なく、

18時から20時までのトイレ頻回だったのが2度と少なくなりました。

夜間の排泄場所の確認がまだ難しいですが、廊下での排泄はなくなり

日中の仕事の達成感が見られたように思いました。

後は、排泄パターンの把握が急務と思いました。

グループホーム 2番地報告者より

一度に多くの事例を順番でてがける

ピアスーパービジョンから

ご利用者への支援が充実した報告が届いています。

素直な心に幸せは互いに多く運ばれているようです。

感謝!


パーマリンク

2020年01月28日 06:53:57
シンフォニーの利用者様

サービス付き高齢者住宅シンフォニーの利用者様.

1.27.jpg3.jpg

自立の方、

要介護4の方まで現在お暮しなっております。

1.27.jpg

要介護2のご利用者様は、

今、認知症の進行と共に毎日お話をしていただけるのは

子どもの頃のお話と、

ご両親が優しく守っていただけた頃の言葉や

その頃の豊かな状況です。

認知症の進行と共に過去には函館の先生から

『二度わらしになるんですよ』と、

伺ったことがありますが、

1.27.jpg2_2.jpg

過去に腰を悪くした後遺症から

姿勢を上手く保つことが困難となり

ご本人、了解のもと、

姿勢を整える為に授乳用の枕を前面にあてると、

1.27.jpg5.jpg

『あったかーい、

いいわーと』、

それまで頻尿だった回数も

落ち着きを取り戻し日常の生活でも『ありがとうございます』と、

感謝の言葉を述べていただき

腰の痛さも遠のく場面がみられております。

1.27.jpg1_2.jpg

身体の姿勢を正しく保つことで、

これで膀胱への圧迫も防げているのかもしれません。

1.27.jpg2.jpg

少しの特別な支援を届ける事で

子どもの頃、

親が困ったときに助けていただいたように

心がほっこりされたのかもしれません。

また、ご本人の言葉を何度でも伺わせていただき、

数回目で、

適度にご本人が興味を持つ話題へと変えることも必要ですが、

そこには、尊厳と笑みをもちながら傾聴することで、

少しの手間以上に笑顔がかえってきます。

1.27.jpg2_3.jpg

授乳用の枕も、

先輩の指導者で友人である

札幌GH武田先生から学んだものです。

代用品は、いくらでも知恵をしぼることでありますね。

1.27.jpg1.jpg

(写真はシンフォニー昨日一部から)

1.27.jpg3.jpg3.jpg

目の前の現象だけにとらわれず、

何がそうさせているのか冷静に考える事が

介護現場の工夫であり喜びとなることを

今回も

利用者様から根拠をもって教えていただいております。


パーマリンク

2020年01月27日 07:40:03
食事と巧緻動作活性で認知症進行防止

利用者様の嗜好調査では、

好きなメニューは

カレーライスに、

ラーメンと

いつも、10位まで入るメニューです。

*

1.26_2.JPG

ラーメンは、アツアツ!

*

1.26.JPG

カレーライスは認知症予防!

シンフォニー

グループホーム

DSCN3720_2.JPG

DSCN3726.JPG

DSCN3713.JPG

DSCN3736.JPG

(グループホーム)

CIMG3563.JPG

黙って座って過ごすのも一日、

しかし、

その日に、

ご本人が集中できる場面があり、

周りからも、

家族からも「すごい!」と、

認められると

夜も満たされた気持ちで

深い眠りを誘います。


パーマリンク

2020年01月26日 07:47:02
エーデルワイスカラオケ同好会開設!

昨日より

エーデルワイスカラオケ同好会が始まりました。

DSCN5929.JPG66d7fda34d9efb5e8bee4372024db26d.jpg

b70508d1539b38004534dbb6a8122bd7.jpg3c67efa8fafe4d70e426e445e4afe37c_2.jpg

希望する皆様が

場所を替えて、

思いっきり歌い、

他の皆さんからの賞賛の言葉や拍手をいただき、

いただいた喜びは

相手に何倍にもお返しし、

『懐かしい!

知っている!』と

約1時間の楽しい時間を過ごしました。

支援は個別であり、

別室では、機能訓練後のくつろぎ時間を

がんばっていた若い頃の話題をスタッフから引き出していただき

発語も多く穏やかな時間をすごしていただきました。

歌は、

お腹の底から声を出し、

歌詞を間違えないようにと画面に集中し

音程を合わせ、

『あーすっきりした!』と

若い青年等が数時間でも過ごすように

ストレス解消にもなったようです。


パーマリンク

2020年01月25日 06:25:29
病気を患ったからこその逞しさと命の尊さ

昨日は、素敵な50代女性が面接に訪れていただきました。

難病と闘いながらも前向きで、

生きる力は、誰よりも逞しく伝わってきます。

DSCN5912.JPG

健康か、

不健康かで、

多くは採用が決まることが多々ありますが、

病気と闘うからこそ

生きる事への尊さを肌で感じ、

人としての痛みも健康な人よりも、

より理解し、

自分の一日も、

相手の一日も丁寧に支えたいと多くの試練を乗り越え

その境地に達したのでしょう。

DSCN5913.JPG

“休んでOK!”

“体調が優先”を合言葉に

手先の特技と病気から勝ち取った命の尊さを

彼女から認知症の人等に発信していただける日もまじかです!

ありがたい!

◆◆◆

前日のスーパービジョン展開からの

早速、導入されたグループホーム支援内容追加!

何年も続いた待機からやっと最近入居していただいたご利用者様です。

CIMG3540.JPGCIMG3543.JPG

勉強会から

・食事をしたことを忘れます。

・自分だけ食事が出されていないとの訴えから。

・夜間の排泄場所も不安定

(自室から導線を引きます・ご本人がわかりやすい言葉を貼ります)

個人因子は、他の町で食堂を経営していました。

ご本人に伺いお願いしてみると

『できるかしら』と言いながらも、

さっそうと小分けする力は今も健在でした。

役割とは、生活の延長ではなく

心がときめき

心が動き出すような役割が真実の役割か‥と

自分は考えます。


パーマリンク

2020年01月24日 07:30:23
勉強会:ピアカンファレンス

老いた今、

住まいを変えた今、

思い出すのは家族のことばかり、

『帰ります』と玄関を出ようとします。

さて、どうしたらよいでしょうか。という事例相談でした。

IMG_3982.JPGCIMG3531.JPG

昨日のエーデルワイス勉強会、

ピアスーパービジョンからの互いの検討です。

この方法は互いが瞬時に聞き取り

アイデア等を書き出していくのです。

DSCN3699.JPGDSCN3703.JPG

支持的機能、

教育的機能、

管理的機能を意識しながらのスーパービジョンの展開でした。

上手にエコマップも作成したグループもありました。

最後のバイザーからは、教育的指導が強かったかもしれません。

DSCN3700.JPGIMG_3978.JPG

◆◆

結果、本人レベルでの困っていることが確実に理解でき、

個別での今後の指導にも役たつものとなりました。

若い管理者等の、のみ込みは早く、

力をみせていただきました。


パーマリンク

2020年01月23日 07:09:32
認知症の人と共に生きる認知症専門デイサービスです。

北見市無加川にあります

認知症の人の専門デイサービスⅢ号館です。

一日を心豊かに

自分の居場所になるように、

自分らしく過ごしていただくことをモットーに、

自宅での様子も拝聴し、

ご家族様もチームの一員となっていただき、

微力ですが

より良い一日になるよう努力させていただいております

DSCN5871.JPGDSCN5848_2.JPG

DSCN5869.JPGDSCN5856.JPG

(下肢筋力向上訓練     お手伝いのしあっこ)

DSCN5858.JPGDSCN5872.JPG

(甘酒と羊羹)

DSCN5876.JPGDSCN5863.JPG

(力は使わなければ失います。

出来ること、完成することで満足感、達成感が生まれます。)

DSCN5887.JPG

◆◆◆

本を熱心に読まれている○様、

本がお好きですか・・と伺うと、

「内容が入って来ないの」と。

心の内を話していただけました。

それでは、次回は短いお話を朗読させていただきましょう。

Ⅲ号館 介護福祉士 太田


パーマリンク

2020年01月22日 17:34:02
『手前味噌です』が・・すばらしい!!
ひとつ一つ

デイサービスで、ご利用者が頼るのは、

そこに従事するその日のスタッフです。

介護が必要だから

わざわざ出かけてきていただいているのです。

一生懸命その人の気持ちになり、

大丈夫か、

心は落ち着いているか、

在宅介護者は大丈夫かと、

案じ、

その場を冷静な頭で

周り全体を見渡すことができる人が

管理者の働きの一つでもあるのです。

IMG_3962.JPGIMG_3959.JPG

IMG_3966.JPGIMG_4848.JPG

どうしたらよいのかわからないときには、

視点を変えると

思考(考える内容)も変わります。





心を入れ、

心動かすことで

ご利用者にも

言葉にならない

目には見えない尊いものが伝わります。

今日は、感動の写真が届きました!

がんばったね!

ご利用者に成り代わりありがとう!


パーマリンク

2020年01月21日 07:20:21
外は雪、室内は春!

外は雪。

雪が降って嬉しい!

北国は、冬には雪が降るものです。

この季節が来なければ作物も育たず

雪の下で甘くなる野菜も居心地が悪いです。

平穏な日常の暮らしが何よりも一番なのですね。

DSCN3678.JPG

室内では

お花を活けていただきました。

IMG_3946.JPG

誕生会にチームからお祝いをいただきました!

老いてからの友人は、良き互いの理解者です。

おめでとうございます!

IMG_3943.JPGDSCN3720.JPG

DSCN5848.JPGCIMG3511.JPG

歌声喫茶のデイサービスも!

本日の希望の曲は、

・東京のバスガール

・雪国

・おもいで酒

・この世の花

・岸壁の母でした。

歌の内容も年々変わりつつあります。

介護現場も変わらなければならないことを

選曲からでも教えていただいております。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.