訓子府町集い:「やっぱり声おっきくしたらだめなんだべさー」

 005118s.jpg  

 

 

 

先日、 訓子府町の認知症の人等を介護する集いでは、

 

80代のおじいさんが、やはり80代のおばあさんを介護されている方の参加がありました。

 

 

 

001640s_2.jpg

 

 

 

 

そのおじいさんから、

やっぱり声おっきくしたらだめなんだべさー」と質問がありました。

「おじいさんは、どのように思いますか」と伺うと、

 

 

声、おっきくしたらばあさん怒り出すなー。声小さく静かに言うと、ばあさんわかってくれる」と、

 

日頃の介護からおじいさんが勝ち取ったことばでありました。

 

 

 

 

014483s.jpg

 

 

 

 

「おじいさんの介護は、何もアドバイスはありませんよ。100点ですね」の言葉を届けると、

おじいさんの目尻を下げて喜ぶ姿を、

 

 

同じ地域の町議さんやボランティアさん等が、

「いやーよかったー来たかいあったねー、おじいさんドンドン上がるねー」と、

やはり互いに日頃から支えあう姿が垣間見られ、

 

 

 

011411s_2.jpg

 

 

 

介護家族や町の地域包括の保健師さんや、

親の介護終了後、悩みながらも前に進もうと

 

「元旦に決意表明をしました」という一歩前進された素晴らしい女性、

 

 また、

 

町の福祉を牽引する一人でもある

グループホームの経営者等との活発な交流の時間となりました。

 

 

 

 

014396s.jpg

 

 

 

 

平常時からの住民目線での町議さんの働きは地域の現実を把握し、

超高齢社会の時代にあった働きへと大きく変化していました。

前の記事

祝日御膳