介護事業所忘年会・新年会~日本ならではのお正月をスタッフにも伝承

 CIMG7866.JPG               

 

 

~31日~3日までの正月の暮らし~

 

グループホームの正月

みんなが選んだ前日の大型映画上映会(ドリフターズ)に始まり、

 

 

 

DSCN5364_2.jpg(三日の昼食)

 

 

cid_58D453E4EE4E4B21A73353DC13F393A3necPC.jpg

 

cid_81436E7A9D36474B9585854D902FEE0BnecPC.jpg

 

 

 

本日は午後より宝引き大会を実施しました。

最初は少し控えめな利用者様も、紐を引っ張ると景品が上がるのを

見て大笑いされる場面がみられました。

 

 

DSCN5431.jpg

 

 

 

「私はきびだんごが入っていたよ!懐かしいね」

お金では無く肩たたき券なのですが、

金一封の封筒をみて「私やっぱり、これもらうわ」と

納得されながらも封筒に興味を引かれ大笑いされる利用者様、

終始大盛り上がりでした。

 

 

 

DSCN5447.jpg

 

 

DSCN5434.jpg

 

 

第二部はカラオケ大会です。

 

 

 

DSCN5464.jpg

 

 

 

 

曲が流れると身振り手振りを加えながら歌われるS様、

それにつられて手拍子をしながら歌うM様、

ショートの利用者様もマイクを手に持つと、表情が一気に変わり、

憧れのハワイ航路、赤いランプの終列車など数曲熱唱されておりました。

報告者 管理者 熊谷

 

 

 

 

IMG_1922.JPG

 

 

 

 

 

デイサービス エーデルワイスの正月

独居O様

年末年始通しての通所でしたが、

迎時からも、「いやいやー迎えに来てくれたんだね」

と笑顔を見せて下さり落ち着き安心した正月となりました。

 

 

 

 

f55393e806d09db6718f340070856f69.JPG

 

 

 

 

今日は風は少しありましたが、晴れており、気温も高めでしたので、

北光神社へ初詣にいってまいりました。

 

 

 

CIMG0218.JPG

 

 

 

 

K様からは
「なんか、ひさしぶりだわ、来てよかった。。」と、とても優しい言葉を頂きました。

感情表現が少ないY様は

神社へ近づくと「うふっ」(神社の鳥居を見て)と笑顔がこぼれておりました。

 

 

 

 

IMG_1946.JPG

 

 

 

 

ご家族様からは「北光神社はよく行ったんだよ。思い出したかな」とお話を聞く事が出来ました。

報告者 介護福祉士 伊藤

 

 

 

IMG_1928.JPG

 

 

 

 

デイサービスⅢ号館の正月

皆様、体調良好で獅子舞やお正月の飾りを見て喜ばれ、

朝の会後の「新春かるた大会」に参加され楽しまれておりました。

 

 

 

 

CIMG7349-2.jpg

 

 

 

 

カルタをとり終わった後に

「昔は近所の友達とお正月にカルタ取りをよくやったんだよ」と

子供の頃のお正月の過ごし方についてお聞きすることが出来ました。

 

 

 

 

CIMG7355-2.jpg

 

 

 

 

 

午後からは福笑いを行い、

出来上がった福笑いに「あんたにそっくりでしょ!」とスタッフを見て

大笑いになり楽しまれておりました。

 

 

 

 

CIMG7358-2.jpg

 

 

 

報告者  管理者 高橋

 

 

CIMG7368-2.jpg

 

 

デイサービス 五号館の暮れから正月

 

 

CIMG0197.JPG

 

 

 

本日、大晦日忘年会開催しました。

皆様には入浴で1年の垢を落として頂きました。

皆様、笑顔で帰られてご家族も嬉しそうでした。

お正月の飾りつけをおこないました。

飾りつけを行いながら、昔ながらの風習などを伺うことが
できました。

報告者  介護福祉士 鳥山

 

☆★♪☆★

 

 

CIMG0153.JPG

 

 

 

 

正月明けから疲労が溜まっている家族様のレスパイトケアに徹しました。

忘れる記憶と闘いながらも、

「妻と恋愛結婚だったんですよー」と大きな笑顔と

「感謝しています」と家では直接言ってはいただけないSさんですが、

しっかり、はっきり述べていただけました。

必ずご報告を代弁者として述べさせていただきます。

 

 

 

 

CIMG0211.JPG

 

 

 

 

また、高校時代の話題では「懐かしいフイルムだね」と名言をいただき、

涙を流しながら落ち着いた中で恩師のお話を拝聴させていただきました。

 

 

☆★♪☆★

 

 

どんなに病期が進行されても、その人独自の個性は必ずあります。

”個性を保つ介護を支援する” 

昨日はデイサービスの現場からも大きなご褒美をいただいた思いであります。

 

 

 

☆★♪☆★

 

 

まもなく相次ぐ介護する家族様の病期や疲労を軽減する為、

長期の大型施設ショートに入る予定がありますが、

何とか安定した状態でショートに入れるよう

お話の合った昨年末からショートに基準を合わせた支援をさせていただいております。

 

 

☆★♪☆★

 

 

献身的な奥様の介護には頭が下がります。

久し振りにゆっくり長期の休みをぜひとも応援したい気持ちです。

このように在宅が困難な場面での長期のショートは、本当に大助かりとなり、

生きていく力となりますね。

 

 

☆★♪☆★

 

 

ショートご利用時には了解後デイサービスでの個別のシートを持参してもらい、

環境が変わるリロケーションダメージを少なくさせていただけるよう連携を図らせていただきます。

前の記事

先人の言葉は道標