認知症と、うつ病を併せ持つMさんへの対応は、やっぱり心でした。

04SPR11A_4.jpg 

開設当時から入居中のMさんは、四季折々にうつ病が強く現れます。

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

 

 

昨日も2日間続けて気分が沈みがちで、お部屋での食事となりました。

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

スタッフが何かと気にかけ、それとなく自室での水分摂取や食事摂取を勧めていましたが、

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

D3シート(センター方式)に記載されている水分量が極度に少ないのです。

 

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

 

仕事がら浮かんでくるのは、バイタル・便秘・睡眠・服薬・環境・・・と分析が脳裏で展開されます。

 

 

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

 

何とか好きなヤクルトだけでもと、布団で休んでいるMさんに話しかけるのですが一向に進みません。

 

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

 

ふと、考えてみるMさんの過去は、幼いころなくした母親への思いが強く現れ時には小学校低学年まで返ることがあります。

 

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

 

会議終了後も心配になり、Mさんの部屋を訪ねました。

 

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

 

Mさんは「何もしたくない。何にもいらない」・・とかたくなに心を閉ざしている様子でした。

 

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

寝ているMさんの手を握りMさんの好きな明るい歌を4曲ほど歌うとMさんは3曲目から一緒に口ずさみ始めました。

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

「Mさんの心に届け!」とばかりにMさんとの歌謡ショーが始まりました。「こまどり姉妹みたいだね」と・・・

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

口には出さなくても水分・・水分との一方的な思いを心で詫びながら

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

「Mさん、ありがとう。一緒に歌ってくれてありがとう。いつも心配しているから・・Mさんは大事な人だから・・・」と話すと、

 

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

「ありがとう、うれしいよ」と・・・

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

「そこに置いたら”ほこり”入るよね」・・・とMさん、

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

「うん、飲んでみるかい・・・」

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

何度勧めても起き上がることのなかったMさんは、すっと手を突いて起き上がり、ぐいぐいと飲み「あら、おいしいわ」と全部飲みほしました。

 

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

大事なことをMさんは気づかせてれました。

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

誰もが知っている、そんなことは、わかっているよと言う、あたりまえの

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

相手の心に寄り添う大事さでした。

 

 

 

04SPR24A_2.jpg04SPR24A_2.jpg04SPR24A_2.jpg

 

 

 

自分が幼い頃に祖母や両親が病気のときに行なってくれたこと、

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

「かりんとう」が大好きで「かりんとう食べると治るかもしれない」と訴えると、祖母は隣の深坂商店に行き、

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

せっせと、孫の為に買ってきてくれたこと・・

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

本当に病気だったのと、今思うと?ですが、

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

幼くても心が疲れていたのかもしれません。

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

 

 

 

 

そのような祖母や両親への感謝と重なりながら気づいた介護は無償の愛が一番の特効薬でした。

 

 

 

 

04SPR24A_2.jpg

前の記事

現場に評論家はいらない