新人奮闘記

アルツハイマ―型認知症と診断を受けられたご利用者。

 

現場では

 

歩き始めの一歩が困難、

 

歩き出すとすり足歩行、

 

幻視あり。

 

介護現場ではレビー小体型認知症の対応をさせていただくと、

 

しっかり支援がご本人に届き、

 

昨日は、両足を機器に乗せ、

 

ゆったりとしたリズムの血流促進を支援すると『気持ちいい―』と

 

副交感神経が高まり笑顔が出る。

 

 

更には『トイレに行きたい』と声は小さいがしっかり伝えている。

 

4月から入社したばかりのスタッフが、

 

側に付き添い孫のような声かけに

 

コミュニケーションも“あうん”の呼吸で本人に届いている。

 

👧

 

新人桃子スタッフは、デイサービス利用中も

 

何度も何度も

 

『○○さん、大丈夫かい。ここは1階だよ。大丈夫だよ』

 

『ご飯食べよー。もう少しだよー』と

 

幻視からの言葉や食事介助中も

 

食事中であることの覚醒を促進しながら適度に呼びかけている。

 

 

👵

 

新人にとっては祖母より年齢が高いご利用者であるが

 

とても『心からの愛』を感じ、

 

指導している管理者へ感謝が沸き上がる。

 

 

🌷

 

また、別なスタッフは『あら、Bさん、いつもよりご飯がすすまないわー』と

 

いうご利用者には『おにぎりにしてみたら』という助言に、

 

早速提供すると箸で食べる事ができた。

 

🍙

 

食べたくないのではなく

 

目に届く情報がご飯ではなかったのかもしれない。

 

🌸

 

介護保険の要介護認定は、この介護の手間を測定するものであり

 

在宅においても

 

介護される人々は、

 

こまめな記録から認定調査員に届ける事が

 

在宅介護を継続できる要因ともなり得る。

 

 

🖊📒

 

 

認知症介護は、

 

その暮らしてきたその人独自の生活からの環境設定が混乱なく、

 

上品な言葉が心にしっくり入り尊厳を保つことができる人、

 

素朴で飾ざらない言葉が

 

スッと違和感なく入りこれまでの生活の継続となる人、

 

個々の人生に合わせた環境つくりが居心地がよく

 

側にいても違和感がない。

 

 

🌸

 

 

 

世の中がほぼ全て同じ方向に変わる時代となったが、

 

それぞれの個性を失わず

 

流されず

 

独自の支援を待っている人へ届ける事を忘れてはならないと

 

自分へ命じる。

 

 

前の記事

1万円札つかみ取り体操

次の記事

誕生時の神秘