エーデルワイスブログ

2018年01月31日 06:50:48
一日

昨日は、警察官の為の認知症の理解を

北見警察署の職員の皆様へお届けさせていただきました。

北見警察署長さんはじめ管理職の皆様も最後まで受講していただき

感想も述べていただき

キビキビとした皆さんの対応に清々しさと

こちらも背筋が伸びる思いが高まりました。

*

04SPR05A.jpg

認知症は、若くても認知症になりうることがあります。

若いからこそのさまざまな

ご苦労もありますが、

認知症と診断を受けた場合には、在職中の受診日がとても貴重と

なってきます。(障害年金と関連)

04SPR19A.jpg

また、高齢では高齢となる身体の不具合と

認知症という病気なる二重苦を重ね持った高齢者が

どんどん地域でも多くなっています。

*

少しの対応を知る事で

事件への解決も早まる可能性も秘めております。

認知症は、中核症状へ嵐のように刺激が入ると

BPSD(行動障害)は、どんどん膨らみ辺りへの二次的な被害が大きくなるばかりです。

安心を与えてただき

本人の言葉を否定せず傾聴することで

穏やかに話を聞かせていただける場面も生じてきます。

納得する言葉を短く伝えることがポイントです。

怒らず、長い話の説得は火に油を注ぐだけになりますね。

病気なのですから・・

介護事業所内でも同様でありますね。

*

04SPR08A.jpg

終了後は、認知症の人等への敷居を低くした

入り口の一歩であります機能訓練デイサービスへの相談ケースから

遠方からわざわざ息子さんも来られ

認知症の本を何冊も読破しましたと、親孝行の息子さん等と

素晴らしい出会いがありました。

*

04SPR24A.jpg

また、市内では住民等に健康や福祉の貢献を捧げていただいた

貴重な医師の訃報も届き

トップであるからこそのお一人での自然との対話から

多くの得るものをいただいてたご様子で、

長く世話になっているというご利用者の言葉を借りると

生き仏様になられたのですね・・・と。

僧の資格を持つ利用者様の言葉でした。

ご冥福をお祈り申し上げます。


パーマリンク

2018年01月30日 07:21:17
受講生の謙虚な気持ちから現場をふりかえる
IMG_3414.JPG

原文そのままです。

認知症サポーター養成を受講して、より認知症に対する

心がまえや

知識が増えて本当に良かったです。

私のひいおばあちゃんは、認知症だったのですが『あの時こういう対応を

していれば』と思うところがたくさんありました。

もっと親族共にひいおばあちゃんに対して認知症の知識を

皆で勉強したり

考えあったりする機会をつくれば、と思いました。

今後は、ボランティア等、認知症の方々や老人の方々と

話したり、一緒にいたりする機会があれば参加してみたいと思います。

東相ノ内中学校 2年B組 MTさんから。冬休み前に全員からいただいた一部です。

*

CIMG6153.JPG

*

謙虚な気持ちをいただき現場においても

指導がまだまだ不足と感じている昨今です。

特に住宅型サービス付き高齢者住宅の夜間勤務の人等にも

ぜひ学んでいただきたい!

いや、学んだ人を勤務する事を優先するべきなのだと痛感しています。

行動あるのみですね!

がんばろう!!


パーマリンク

2018年01月29日 07:49:57
グループホームの暮らしから

認知症と診断された人のみが利用できるグループホームです。

定員9名

IMG_3399.JPG

グループホームの暮らしから

Aさん:食欲あり、他者と会話されている。朝の療法参加。

午後帽子をかぶり家に帰るという。その後、皆さんとカルタ取りに参加し楽しまれる。

笑顔あり。

CIMG6185.JPG

Oさん:イージーウオーク・下肢マッサージ行う。朝の療法へ参加。大きな声で歌われる
カルタ大会に参加。カルタをしっかり読んでいただける。
終了後自室で横になり休まれる。
脳を休めすっきりされ、起床される。

CIMG6155.JPG

NKさん:移乗時、自力で立ち上がる機能あり。ベットから移乗時足の痛みはなし。
自力で昼食摂取する力あり。嚥下良好・フットマッサージ・立位保持できる。

NSさん:『おはようさん』と笑顔で挨拶あり。夫の面会を喜ばれ『父さんだ!』と笑って話される。

IMG_3398.JPG

湿度 10時 55%  15時54%  温度26℃

感染者  無


パーマリンク

2018年01月28日 08:05:14
全員合格へ
IMG_3168.JPG
(101才。人口は減っても日本は長寿国です。)
*

介護福祉士の国家資格への挑戦者

飲み込んだかな・・

大丈夫かな・・と祖父母に介助するように食事介助をするスタッフにも

*

IMG_3171_2.JPGIMG_3389.JPG

*

排泄があって良かったね。と自分の事のように始末をする人にも。

怒る人の気持ちがおさまるように・・と、

精一杯頑張る人々にも。

良く言われない介護という道に希望を費やし2年間がんばってきた学生にも。

*

IMG_3288.JPGIMG_7164.JPG

*

事業所や学校から届けられるものならば

日頃の頑張る全員に介護福祉士の資格を届けたい

*

CIMG6121.JPGIMG_3378.JPG

*

がんばれ!


パーマリンク

2018年01月27日 07:10:04
展示会開催中です!認知症になっても力は、まだまだありますよ!

北見市 留辺蘂町 図書館

住所 留辺蘂町仲町97-4 留辺蘂駅徒歩3分です。

認知症を発症されても、

意欲的に取り組んでいただいた作品展示会を行っております。

**

IMG_6250.jpg

*

認知症と診断され、

他の人の言う事が上手く伝わらなくなり

人と合う事もストレスとなる等、

外出する意欲も無くなり、

体を横にすることが多くなると多くの人は夜に覚醒し

主たる介護者にすぐ怒る等の行為が現れてくることもあり、

*

ご本人のストレスが極度に溜まると

いつも一緒にいる人に向けられ

ご本人も、介護者も、どちらも暗闇に突き落とされたように

心が沈んでしまう場面となります。

*

IMG_6247.jpg

思い切って、

一日のうちでもご本人が少しでも気分の良い時間を見定め

一歩、足を踏み出すことで

外部の良い空気を吸い込むことができます。

5分でも良いのです。

認知症を患う人が『嬉しいなー!』と思えることを

ご支援させていただきましょう。

*

IMG_6294.jpg

*

留辺蘂図書館さんには、皆さんに成り代わり心から感謝申し上げます。

ありがとうございます。

●●●現場作品展より●●●

ご自分の作品に、

「こうやって飾ってもらったら

嬉しいもんだね」「すごいわ」等

皆さんの歓声も聞かれてました。

観に来てくれた町民もおり、照れもありましたが、

素晴らしい表情を見せてくだっさた利用者様です。

看護  森


パーマリンク

2018年01月26日 06:44:10
ワシという病気を知っていますか・・?

検査項目の一つに

ワ氏(ワシ)の検査があるが、

その名前の由来は、

ワッセルマン反応の検査名から呼ばれていたそうだが、

戦後の話であり今は必要ないように思ってたが、

いやいや、

この現代においても

高校生など若者の間で流行している病気である事にとても驚いた。

梅毒は、性交渉から感染し

進行から

母から子へと母子感染し

精神障害まで引き起こす病気である。

ある場所で時間待ちの間読んだ

北海道の雑誌にも、

掲載されており驚いたが、

この現代においては、

日本各地で病気の恐ろしさを知らぬ子供らが、

ドラマのヒロインのような軽はずみの気持ちで病気に襲われる危険も高くなってるのだろうか。

認知症サポーター養成の子供らの澄んだ瞳を思い出すと

大人から情報を伝えることの大切さがひしと強く迫ってくるものがある。

●●

保育所を増やす事も、もちろん必要であるが、

中高生等への病気の恐ろしさを伝えることも

同じ程度に必要なのかと、

老婆心からその本に釘付けとなった。


パーマリンク

2018年01月25日 07:04:15
仕事を自ら掴む

1月勉強会

アセスメント23項目にセンター方式の分析方法を導入。

全員がアセスメントに着手することで

その人への支援がより詳しく理解できます。

*

IMG_6424.JPG

(シンフォニー 昼)

***

スタッフとの面談時には、

これからの目標や

現在の不明な点を率直に話し合います。

IMG_6426.JPG

(シンフォニー夜 )

*

話し合う目標は、

その人の

仕事へのやりがいをいかに見出すかであり、

“そうか!”と ピントに合うと、

自ら図書館へ出向き

ご利用者の顔を思い浮かべながら

○○スタッフからの自分への挑戦が始まりました。

IMG_7217.JPG

(デイサービス五号館)

手づくりの脳活性道具は、

予想以上にご利用者にも

スタッフ等にも喜んでいただき、

流れていく日々から、

自分からの発進する喜びを感じていただけたようです。


パーマリンク

2018年01月24日 06:40:47
感謝と感動とこれからのこと

先日も、昨日も多くの皆様にお越しいただき

誠にありがとうございました。

在宅支援強化型デイサービスという名前から

就職を斡旋する方もリサーチにお越しいただきました。

このような自らの働きは素晴らしい事です。

福祉と言っても幅広く

どのような方がどの福祉の現場にふさわしいのかを

ご紹介される方々が理解されるのが一番であり、

大げさに言えば、働くその人の人生を左右するものとなるからです。

それは高校の先生であっても専門学校の先生であっても同様です。

*

CIMG6117.JPG

*

真剣に考える方が存在していることを知り、すばらしいと感動いたしました。

また、福祉は命にかかわる仕事ですから

何度も話し合っても無理な場合は、

その人にとっても良い結果とはなりませんし、

ご利用者の命にかかわる部分では解雇も止むを得ない事もあります。

IMG_7206.JPG

いちがいに解雇を非難する事はできません。

その人にっては、

他の仕事が向いている場合もあり

何度も指導をされることで人生に行き詰まってしまうこともあるからです。

資格に動かされる人生では互いに不幸となります。

自らが取得した資格を活かそうと思ったときが働くチャンスとなります。

多くの試練を乗り越えてから、

再度挑戦し

人を支える事に喜びを感じている方も多くおります。

CIMG6119.JPG

定年を迎えた男性・女性の方等には、

ぜひとも、ボランティアの精神と週に数日の働きで収入も得る事は

自らが設定した予防勤務ともなりますね。

ゆっくりしすぎて

外に出られなくなったというケースがとくに男性に多く存在するように思えてきます。

適度に働く事は脳活性にもなりますね。

IMG_6238.jpg

CIMG6115.JPG

どうぞ、いつでもどのような現場なのか、

お近くの

介護現場を訪ねてみるのも一つかもしれません。

福祉現場では笑顔が多い

話し合い手の人を喜んで受け入れていただけると思います。

一回きりの人生です!

自分にいろいろな人生を与える事も有意義となるかもしれませんね。


パーマリンク

2018年01月23日 06:38:47
在宅支援強化型デイサービス 一般向け  内覧会

DSCF7393_2.JPG

(和室に器機を入れました。)

○本日、10時~15時迄

在宅支援強化型デイサービス一般の方、対象にて内覧会を行います。

○各、器機の活用方法

○体験を通し

IMG_2751.JPG

IMG_2754.JPG

専門的見地から

※運動器機活用について

予防について

※認知症予防と軽度認知症の人への対応について

DSCF7371_2.JPG

交互にお話をさせていただきます。

●10時30分

●11時

●13時

●13時30のお話を予定しております。

IMG_2750.JPG

随時、必要時には個別の相談も賜ります。

お気軽にいらしてください。

一日定員10名様までの少人数対応です。


パーマリンク

2018年01月22日 06:09:16
痛みからの傾聴・受容・共感

足が痛い・・

体の調子が悪い、

気分がすっきりしない、

こんなとき、

血流促進器機も使用しますが、

IMG_3313.JPG

ご利用者のお顔がほぐれるのは、

お話を

注意深く聞かせていただき(傾聴)、

否定も肯定もせず

受容し

共感したスタッフの手が、

痛い足をさすり

再び傾聴しながら

ふれさせていただくと

『少し楽になったなー』と

IMG_3321.JPG

足と共に

心の“こり”も、ほぐれる様子が伺えます。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.