エーデルワイスブログ

2019年04月30日 07:44:22
身延山から
IMG_20190429_124534.jpg

さぞ苦しいであろう

さぞお困りであろう

死んだほうがましだと考える

その心持ちもよくわかる。

だが 貴方よりもっと苦労しながら

立ち上がった人がある。

もっと困っていながら切り抜けた人が

絶望してはならない、

人生には必ず活路がある

人を呪うよりも自分の在り方を反省することだ。

自ら築くことに努めることだ。

そして神仏に仕えるつもりで

人々に奉仕すれば人々を幸いに

するとともに自分が幸せになる。

善人は人から重んじられ

正義は人から尊ばれる筈である。

燃し善人なればこそ悪人にきらわれ

正義なればこそ不正の輩に却けられる。

善人必ずしも重んじられず

正義必ずしも尊ばれない

だが悪人にして栄えたためしなく

不正にして誉れを得たものはない。

重んぜられずともよい

私は善人でありたい。

尊ばれなくともよい

私は正義であることを欲する。

見延山 第九十世  日勇上人


パーマリンク

2019年04月29日 05:39:45
あの人も、あの方も食べていただけるように・・

スタッフは

心を込め

みなさんの

お顔を思い出しながら

ぜ〜んぶ食べていただけるように・・と願い

一生懸命つくっております。

IMG_2066.JPG

*

CIMG9837.JPGDSCN2088.JPG

*

*DSCN1512.JPG023.JPG


パーマリンク

2019年04月28日 08:03:36
年代で違う幸せの質
DSCN2091.JPG
(夫婦で作品つくり)

老いてからの幸せとは・・

90代の夫婦が

いつまでも、

自宅ではなくても、

同じ一つの部屋で

ときには小さな言い合いをしながらも

DSCN2092.JPG

いつも一緒に、

互いが心配し合えること。

最近の様々な相談から考えると本当に幸せだなーと思います。


パーマリンク

2019年04月27日 05:52:08
偶然?必然・・?

偶然と思うのか必然と思うのか

その日の出来事によっては

『あー考える時間をいただいたな・・』と切に思う場面があります。

全事業所を毎日巡回すると良いのですが、

つい距離がある留辺蘂は足が遠のくことがあり、

昨日は事業所に行くと、

時間もぴったり、タイムリーに『相談したかったんです』という、

日誌には書いていない調整・相談がありました。

ご本人がどこに居ても安心を維持する為に、

長い連休前にと、

現場から

担当のケアマネさんは外勤中で留守で、

担当の薬剤師さんにお聞きし、

・・・

かかりつけ医の看護師さんにもお聞きしましたが、

時間は刻々と迫り

最終的に、やはりご本人、家族様、

スタッフ同行の受診の運びとなりましたが、

見えない電話がかかってきたように、

鈍い自分でも、そのような偶然の出来事もあるのでしょう。

IMG_20190324_103341.jpg

*

と、

同時に

留辺蘂まで行ったからこそ

聞けた話がラジオから流れてきました。

奈良少年刑務所詩集の紹介でした。

罪を犯してはおりますが、

・・・

どうにもならない環境の中におかれても

残されている

少年等の純粋な心の動きに

しばらく、来ることのないバス停に車を止めて数分聞き入りました。

話の一区切りがついた時には

電話で本屋さんに在庫の確認をし

今は、その本が手元にあります。

ぜひ読んでいただきたい本であります。

「空が青いから白をえらんだのです」

定価520円でした。

これ以上は書きません。

少女や少年、大人にもぜひ心に届けたい本でした。


パーマリンク

2019年04月26日 07:19:14
楽しいよー

晴れの日、

ウッドデッキで少しの時間でも太陽をどんどん吸収しましょう。

*

DSCN2040.JPGDSCN2052.JPG

*

曇りの日、

室内で

体を動かし

笑いの体操から内臓もしっかり動かし

酸素を腹いっぱい取り込み、

体がポカポカしたころ、

脳活性に挑戦だ!

*

DSCN2058.JPGDSCN1236.JPG

*

DSCN2051.JPGDSCN1240.JPG

*

無言のうちに黙々と挑戦するが

『いやー簡単なようで頭使うわー』と

ほっと、一息

お茶をすすり、

*

DSCN2054.JPGDSCN2049.JPG

IMG_0438-.JPGIMG_2039.png

*

疲れた頭と体を休めに個別のお風呂にゆったり入り、

お昼の時間となりました。


パーマリンク

2019年04月25日 06:20:29
生まれた日・始まった日のお祝い日
デイサービス華蓮の特徴
けっしてお上品ではありませんが、
お腹から笑い、
気分が少しダウンな 方でも(とくに男性)
お帰り時には、
看護師の〇〇のおっかさんには♬かなわんなーと
笑顔と共に帰宅されております。

昨日は、

誕生日祝いと共に周年祭を行い

野菜たっぷり焼き上げ、横にはサンマや、お肉でパーティです。

*

IMG_0415_2.JPG

*

午後からは、

ケーキと

もちつきで祝いました。

*

IMG_0411.JPG

*

デイサービス華蓮は、お元気な方が多く

一日の定員が10名限定と少数であり、

お隣さんとも話しやすく

今の力を維持することや

1階・2階と身体機能の状況に合わせ

現状からの機能の回復を望む方が多く

1階の利用者様の目標は2階へのチャレンジと

希望をもって利用されております。

IMG_0418.JPG

*

つき上がった餅を丸めるのは、

久しぶりの作業でありましたが

手先がしっかり記憶されており

餡を入れてコロコロと食べやすい形に整えていただきました。

めでたし、めでたしの一日で、

気の張らないデイサービス華蓮の紹介でした。


パーマリンク

2019年04月24日 06:11:22
人生を回顧し、人生を認めるプロセスの途中の 出来事から

人生の荷物を降ろす時期

在宅においても

病院においても

施設等においても

幾重にも重なった複雑な自分から始まった人生の重荷を

沸き上がる自分との葛藤に苦しむ高齢者が存在する。

DSCN2035.JPG

*

家族にとっては大変な状況となり、

一見

間違えると

認知症?と片付けられそうだが、

慌てることなく

感情に付き添い

突き放すことなく

見守り、

多くの言葉は必要とせず、

泣きじゃくる幼子の嗚咽が終わり、

すっきりと気が晴れた顔を見せるような

その時が来るまで、

そっと

疑似家族の気の合うスタッフをそばに導き傍らで見守る。

●●

DSCN1229.JPG

*

内から沸き上がる

理由にもならない感情は自身が十分理解していても

マイナスの状況が引き金となり

本人もただ、悲しく、辛く、寂しく、

葛藤の繰り返しの中から

大きな荷物を降ろす準備に入り、

これまでのこらえてきた人生の重荷を、

簡単には降ろすことができない自分と闘っている。

IMG_9008.JPG

*

身をもって教えていただいている人から学ぶには、

解決できていない自分のこれまでの人生があるならば、

少しでも元気なうちに

あえて、

そのシチュエーションをつくり、

封印されていた永年の感情と対峙することが

そのときの解決できていなかった自分を

慰め

認め

褒め、

◆◆

重荷が多ければ何度も繰り返し

一つずつ丁寧に

その場面の感情を弔い

自分を認めていくことが

『新しい老後を迎えられる自分となるのだ』と教えられる。

*

DSCN2038.JPG

◆◆◆

頓服効果は、

肉親が傍に寄り添い、

物もいらず、

飾り言葉もいらず、

ゆっくりと、

うなずき、

傾聴し、

できることなら背中をさすり、

心の中で

『すまなかった・・辛かったね・・』と、

詫び、

感謝し、

労う肉親の心からの親身なかかわりが、

どのような高価な薬よりも即効力は高い。


パーマリンク

2019年04月23日 06:33:33
クールダウン

お迎え時の1分間アセスメントから、

今の家族様の疲労度を

短い言葉で確認させていただきます。

DSCN2028.JPG

昼夜逆転では、

お日様にあたる時間を多く調整したり、

適度な疲労感をもっていただくことや、

服薬からの影響がないか、

また、

帰宅前のクールダウンを実行し

必要時は担当のケアマネさんと連携します。

日常の現場では、

音楽療法

巧緻動作訓練

集中力活性

回想法

外出支援

脳活性支援

体操

上記メニューを、

DSCN1208.JPG

集団・個別の自然な形で

生活の中に取り入れさせていただき、

入浴支援では、これまで拒否されていた方も

必ずチャンスがある!と、

無理強いはせず、

表情と落ち着きから、

いまだ!と、

入浴を無事に終了することができました。

仕事をする自分等も

自分を大事に、

帰宅前のクールダウンが必要で

頭の切り替えと

音楽や

少し遠回りの帰り道から

新しい自分が登場します。


パーマリンク

2019年04月22日 06:00:06
自然の力

春の訪れ

通いなれた道に

1週間を待たず水芭蕉が

場所狭しと一見、折り重なるようであるが

相手を尊重しつつも

堂々と個々の存在感を出し咲き誇っている。

*

IMG_2176.JPG

*

春は

それぞれが

冬眠から覚め、

蓄えた

ありたっけの力を出し合い

喜びと、

感謝と

次の世代へと踏ん張っているように感じられる。

*

IMG_2180.JPG

*

IMG_2179.JPG

*

IMG_2178.JPG

*

IMG_2175.JPG

*

IMG_2182.JPG

***

音もなく

香もなく常に天地(あめつち)は

書かざる経をくりかえしつつ


パーマリンク

2019年04月21日 06:40:54
自然の働きを誘因

一人でいる時間は、やる気が失せ

時は、ただ過ぎていき、

観ていたはずのテレビも

音がうるさく

寝込んでしまった自分の目覚ましとなり、

夜は

案の定

眠気が来ず

つい、

あれやこれやと

心配事が次から次と襲いかかり

更には

心配事が現実になったように思い込み

身近な人に、ついつい口調が厳しくなる。

DSCN2021.JPGIMG_1987.JPG

DSCN2011.JPGDSCN1167.JPG

ワクワク感を伴う一日は、

「あーやったー!すばらしい!!」と達成感と満足な心の充満に、

夜は、知らぬ間に

眠気が襲い

トイレにも寝ぼけ眼で出向くが

朝までぐっすりと布団の中で過ごし

さわやかな目覚めから

愛想のよいお顔が登場する。

DSCN1161.JPG

DSCN1159.JPG

CIMG9810.JPG

適度な運動

適度な疲労感

満たされた食欲

満たされた心で、いつしか自然の眠りにいざなっていく。


パーマリンク

Copyright © Edelwaice Ltd.All Rights Reserved.